糸魚川

糸魚川市は、新潟県の最西端、富山県との県境に位置します。
地質学の分野で大変注目され、その独特な景観や地層の成り立ち、
文化などが評価され、2009年に「ユネスコ世界ジオパーク」に認定されました。
「ジオ(geo)」は「地球、土地」を意味し、つまり糸魚川は、世界的にも注目すべき「大地の公園」といえます。
そうした大地の活動により、多種多様な石が存在することから、糸魚川市は「石のまち」としても魅力をアピール。
日本で初めてヒスイが見つかった小滝川ヒスイ峡や、石拾いスポットのヒスイ海岸、
そして「日本のスイス」ともいうべき美しさの高浪の池など、大自然のパワーを感じる風景に出会えます。

親不知観光ホテル

料理名

親不知産地直送 
海鮮づくし

食材

ばい貝 たこしゃぶ 季節の地魚 新潟産こしひかり 親不知もずく

ストーリー

親不知の海岸で生息している親不知のもずくを、7月上旬からの約2週間、小舟からさお竹を使って海底5mから10mの海底から収穫する。小さなエリアでの収穫なので収穫量が少ないため、対外の流出があまりなく地元内での消費がメインの高級食材のブランド品である。近年、密漁に対しては厳しい取り締まりをしている。濃い茶色または黒色で強い粘りとコリコリとした感触が他にはない特徴であり、おもにもずく酢やみそ汁の具材としてお客様にお出ししています。

笹倉温泉 龍雲荘

料理名

メギスの天ぷら

食材

メギス レンコン
ししとう

ストーリー

キスに似ていることから漢字で書くと「似鱚」。ここ糸魚川でもキスといえばこのメギスをまず想像する程、メジャーな魚ですが本来だとニギスが正式な名称です。
北陸地方以外の方からするとメギスと聞くと違うものを想像されるかもしれません。
ふっくらとした身をゆっくりと噛みしめると、シロギスとはまた違った上品かつ繊細な甘味が口の中に広がります。
非常に鮮度が落ちやすい魚なので糸魚川に来られたらぜひご賞味いただきたい一品でございます。

エリア一覧