にいがた朝ごはん

パワースポット弥彦で「食」からもパワーをいただく 地野菜の塩麹和え

他にはないアットホームな賑やか会議

新しいおもてなしをみんなで一緒に考えます

いつも三世代(!)に渡る参加者でアットホームなメニュー検討会議が行われる弥彦温泉。今回も温泉旅館組合青年部をはじめ、女将会にその子供たち、最後は旅館の宿主と調理長まで出席し、賑やかに"夏の朝のもてなし"をどうするか話し合われました。「三世代での検討会議(笑)。ここだけではないでしょうか?」とは神田さん。確かにその通り!みんなで過去のメニューを見直し、新しいおもてなしを女将たちのお子さんも全員が一緒に考えます。

神が伝えし麹の業が現代のメニューで甦る

酒どころ新潟は、今人気の「麹どころ」 

賑やかかつ和やかな会議は、さまざまな角度から挙がった意見により大きな実りを授けてくれました。新潟県随一のパワースポットといわれる「弥彦神社」では天照大神の曾孫にあたる「天香山命(あめのかごやまのみこと)を御祭神としていて「おやひこさま」の愛称で親しまれてきました。その昔弥彦の神様は、住民に海水から塩をつくる技術、漁、稲作などや農耕術など、さまざまな基礎を教えられたとのこと。その中に麹を使った酒造りも教えたという言い伝えがあります。そしてその酒造りを現代まで守り続けてきた弥彦唯一の造り酒屋である弥彦酒造が、こだわりの麹を販売するという情報が飛び込んできたのです。「酒どころ新潟は、もちろんその日本酒を育む"麹どころ"と言っても過言ではないでしょう。麹が巷で人気なのはもちろん、弥彦の神様の言い伝えもありましたから、全会一致でその麹を使ったメニューをつくろうということになりました」。

唯一無二の「極上麹」を朝ごはんに合う一品に

地元産の米を使い精米にまでこだわりぬいた麹とは

天保九年(1838年)創業の弥彦酒造は、嘉永元年に独自の酒造法を確立してから現在に至るまで、流儀をかたくなに守り続け、丹誠込めた清酒を作り続けている小さな酒蔵ですが、近年では日本酒以外にも梅酒、地元「越後姫」(いちご)を使ったいちご酒、ジェラート、煎餅等を世に送り出し好評を博していると言います。そのこだわりとフットワークの良さで作られた今回使用する麹も、並大抵のものではありません。地元産の米にこだわるのはもちろん、通常95~97%のところを80%まで精米し、さらに通常は白麹菌のところを黄麹菌を使用するなどのこだわりで作られたものです。検討会議は、この唯一無二の極上麹を、宿オリジナルの塩麹として仕立て、朝ごはんに合う一品に・・・と進んでいきました。

宿オリジナル塩麹のコクと地野菜の旨みをぜひご堪能ください!

パワースポット弥彦で「食」からもパワーをいただく 地野菜の塩麹和え

弥彦の歴史浪漫を感じる、ごはんにピッタリの一品

かくしてこだわりの麹を塩麹として仕立てあげ、次はどんな食材と合わせるかです。魚、鶏など様々な食材を検討し試作を重ねました。そして最終的に辿り着いたのは、夏は枝豆をはじめとした地野菜が豊富に採れる季節ということもあり「地野菜の塩麹和え」となりました。塩麹独特のコクが地野菜にさらなる旨味を加えてくれるので、夏の朝ごはんにはピッタリだとか。弥彦の歴史浪漫と地元のこだわりが生んだ今回のメニュー。なんだか背筋をシャンとしていただきたくなる一品です。

弥彦温泉朝ごはん 対象旅館