にいがた朝ごはん

地引き網で獲った魚が食べられる思い出に残る味 名物地引き網でもかかる獲れたて春魚の天日干し

新潟の海、鵜の浜ならやっぱり魚でしょ!

鵜の浜ならではの旬の美味しさを食べていただきたい

鵜の浜温泉は新鮮な魚介類が獲れることで人気の温泉です。メニュー会議では、せっかくなんだから鵜の浜の新鮮な素材でもてなそうと議論が白熱しました。いかに春の新潟、鵜の浜を楽しんでいただくかということが議論の的となり、「お客様は新潟に来たんだから、魚を期待されるのは当然。鵜の浜ではとことん魚にこだわってみよう!」「名物の地引き網体験でも獲れる魚が食卓を賑わせるのは良い思い出にもなるはず!」として、最終的には「何の魚」にこだわるのではなく、その時その時に収穫できた獲れたて、まさに旬の魚を提供するのが一番!ということで今回のメニューが決定しました。

バラエティーに富んだ豊富な魚があがる海

自然が相手。何が揚がるかわからないドキドキ地引き網

昔から地元の漁村で受け継がれてきた地引き網。現在は春から秋にかけて「地引き網体験」イベントとして再現されています。そこで揚がった魚と同じものが、より旨味を増して朝ごはんのおかずとして出てきたら、なんて楽しいことでしょう。「なにせ自然が相手ですので、何が揚がるかはその時のお楽しみですが、春は名物のメギスをはじめ、サワラ、アジ、ホウボウ、カレイの類、それに鯛が獲れる時もあってとても楽しいですよ」と佐野さん。「ただし、体験といっても頑固な網元が仕掛ける網です。一生懸命引かないと怒られちゃうかも(笑)」。

自然を知り尽くした鵜の浜の職人が旨さをぐんっと引き出す

風と太陽により凝縮された魚の旨みは鵜の浜の思い出に残る味

「地引き網体験で獲れた魚を、そのまま朝ごはんに提供するわけではありません」。今回のメニューは、魚にとっておきの仕上げをして朝ごはんのおかずとして提供するために、ちょっと時間が必要なのです。地元、鵜の浜の風と太陽の光を浴びて、まるごと鵜の浜を感じてもらおうと、天日干しにして提供することにしました。天日干しにすることにより、余分な水分と生臭みがとれ、魚独自のタンパク質の一部がアミノ酸に分解されるため、塩焼きや刺身では味わうことの出来ない旨味が生まれます。また、栄養分としてはDHAやタウリン、コラーゲン、カルシウム、リンが多く含まれるため、健康を気にする世代にももってこい。「鵜の浜の自然と阿吽の呼吸が出来る職人だからこそ、つくることが可能な絶品の天日干しですよ」と佐野さんは太鼓判を押します。「その後の宿の務めとしては、炙り方や食べやすさの追求です。宿ごとのテクニックが感じられると思いますね」。

春の上越は全国屈指の風流な夜桜も

地引き網で獲った魚が食べられる思い出に残る味 名物地引き網でもかかる獲れたて春魚の天日干し

地引き網だけじゃない春の鵜の浜はイベント目白押し

春の海と向き合い、地引き網体験。その後は体験に想いを馳せながら朝ごはん。「楽しみはそれだけではありませんよ。上越は日本三大夜桜・高田城百万人観桜会が開催され、会期中は毎日シャトルバスを運行していますので、思う存分夜桜を観賞していただけます。春の鵜の浜はイベントが目白押しです。ぜひお越しください!」。旨味が引き出された新潟の魚と全国屈指の夜桜観賞を楽しむことができる春の鵜の浜。期待せずにはいられません。