にいがた朝ごはん

五泉の至宝、里芋のブランド品が「朝ごはん」に登場! 名産帛乙女 きぬとろ芋味噌仕立て

五泉の誇りとは?から導き出された名産品

五泉の名産を味わってもらえることの喜び

「ようやく五泉一番の名産ともいえる食材で、もてなせる喜びがありましたね」。スタッフの岡崎さんは、この食材に決定したときは嬉しさを隠せなかったそうです。プロジェクト立ち上げ当初は地元組合旅館8軒からの担当者が出席しての検討会議でしたが、今では地元の歴史研究会にも協力をしてもらい万全の体制で臨んでいます。このメニュー開発は、地元の食材をゼロから見つめ直すことからはじまりました。地元一番の名産食材を活用して作る朝ごはんプロジェクトにおいて、「五泉の誇り」といえるものは?をテーマに会議では毎回活発な意見が交わされました。その結果導き出されたのは、五泉一番の名産品ともいえる里芋「帛乙女(きぬおとめ)」と相成りました。「毎回最終選考に残っていた食材だったので、このメニューに決定した時は満を持してという感じでしたよ」と岡崎さん。

五泉が誇る里芋の一大ブランド「帛乙女」

豊かな風土と農家の方の愛情が生み出す良質な食材

昔から里芋の栽培に力を入れてきた五泉市では、昭和62年に「国の指定産地」に選ばれるなど、現在では県下一の生産量を誇ります。永きに渡る品種改良で生まれた「帛乙女」は、ゴロリとした形には驚かされますが、色は白く、ほど良いぬめりと滑らかな食感が受け、今や里芋のブランドとしては全国区になっているほど。「阿賀野川の豊かな水と、流れてきた土による肥沃で水はけの良い土壌が「帛乙女」の生育に合っているのでしょう。生産に携わる農家の方も、誰もが愛情を持って接するプロの方ばかりですから、毎年良質なものが収穫されています。そんな地元の味覚を朝ごはんとして、いかに旅館の足並みを揃えて提供するかがメニュー開発の課題でした。最終的には郷土料理として地元では馴染みがあるのに、全国的には珍しい「芋味噌」としてもてなそう、と意見がまとまりました。

旅館と加工業者がタッグを組んで引き出した芋味噌の旨さ

馴染みの郷土料理で五泉の豊かさを伝えたい

メニューが決定してからは、試作に試作を重ねて味わいを吟味していったといいます。旅館毎に持ち寄ったものに加え、加工業者さんが持ち込んだものなど、それぞれが自信を持ったレシピでつくられたものばかり。「味そのものや食感などはあまり悩みませんでしたが、提供方法や旅館毎のアレンジの幅を持たせるためには、ある程度自由度がなければいけません。お客様に提供する場面を想像しながら、形状やレシピを探る作業には苦心しました。地元では里芋の形状をある程度残したものが多いですが、『ごはんの素(土産品)』として提供する場合のことも考えてペースト状にしました」。馴染みの郷土料理と真っ向に対峙して行き着いた提供のカタチに、岡崎さんも満足そうです。

くつろぎの寄り処「咲花きなせ堤 河床」でゆっくりと

五泉の至宝、里芋のブランド品が「朝ごはん」に登場! 名産帛乙女 きぬとろ芋味噌仕立て

咲花で阿賀野川の流れと春風を感じながら

活発な意見が交わされ、試作と試食の連続で磨かれた咲花・帛乙女の芋味噌。
同じベースのものを旅館ごとの春のオリジナルアレンジを施してお客様に提供しますので、個性豊かな咲花の郷土料理に出逢えることでしょう。また咲花温泉では、気持ちの良い季節を身近に感じていただくため、お客様が気軽に立ち寄ってイベントや食事を楽しむことが出来るスペース『咲花きなせ堤 河床』が好評です。その名の通り、咲花でゆっくりくつろいでいただきたいという願いが詰まった心地よい寄り処です。こちらもぜひ、お立ち寄りください。(詳しくはご利用の各旅館までお問い合わせください)

咲花温泉朝ごはん 対象旅館