にいがた朝ごはん

懐かしさや優しさが詰まった松之山温泉らしい郷土料理 とろろ朝まんま

松之山独自のプロジェクト「まんまの朝まんま」がモデルケース

松之山の活動が元となり「朝ごはんプロジェクト」がスタート

松之山温泉では、松之山の朝食をより一層美味しくする為のプロジェクト「おいしい朝ごはんプロジェクト・まんまの朝まんま」を、既に二年前から地元旅館が合同会社「まんま」を立ち上げ活動を行ってきました。年間を通したメニュー開発にあたっては、アドバイザーとして都内の有名料理店・料理長の斉藤先生をお迎えし、松之山商工会も一緒になって行いました。常に一貫したコンセプト「古くから松之山に根付いている郷土料理を現代風にアレンジ・洗練させる」を守りつつ、変わった料理や非日常的な料理ではないもので、お客様に松之山温泉らしさを感じてもらうことを目指して今も活動を行っています。その活動は瞬く間に県内関係者に伝わり、大いに評価され、今や新潟全域にわたって行われている「朝ごはんプロジェクト」のモデルケースとなりました。「朝ごはんプロジェクト」を生み出したのはこの松之山と言っても過言ではありません。

年間通しての一貫したコンセプトと季節ごとの旬の料理

その土地のものをその土地の旬に食することが体にはよい「身土不二」の考え

美しい棚田の風景が魅力の松之山。大自然の中で大切に育まれてきた棚田米の美味しさは言うまでもありません。その美味しいご飯に合う朝食として考えられたのが、「春」は地元の山菜とオリジナル味噌「まんまの味」を香ばしく焼き上げた「山菜朝まんま」。「夏」は地元夏野菜とベースの大根の味噌漬けをやたらと細かく刻んで作る「やたら朝まんま」。「秋」は地元のきのこを生かした料理「きのこ朝まんま」。そして今回の「冬」の朝まんまは「とろろ朝まんま」です。

滋養強壮のある「自然薯」と消化を助ける「大根おろし」のWパワー

一日を元気に始められる朝ごはん

松之山の冬のメニューは「とろろ朝まんま」と決まりはしたものの、一筋縄ではいきませんでした。天然の自然薯は手をかけないと成長過程で表面に付いた傷から細菌が入り形がいびつになってしまいます。なので土にこだわり細菌が入るのを防ぎ、真っ直ぐな自然薯を育てるのですが、とても手間ひまがかかるため数が少なく、はじめは必要な量がそろえられなかったのです。ですが十日町に自然薯を栽培している農家さんがいたため、自然薯を使える目途が立ちました。そしていよいよ試作です。いざ自然薯をおろしご飯にかけてみたところ、今度は天然の自然薯であるが為にネバリが強すぎて、そのままではご飯と一緒に食べるにはベストな食感とはいきませんでした。そこで悩んで出した結果が「大根おろしで伸ばす」というものです。自然薯の風味に大根おろしの辛味が調度いいアクセントになって、ネバリもさらりと食べやすい、とても美味しい「とろろ朝まんま」が出来上がりました。栄養満点Wパワーの「朝まんま」で皆さんのお越しをお待ちしています!

日本有数の豪雪地帯。多い時は4mを超える雪が積もります。

懐かしさや優しさが詰まった松之山温泉らしい郷土料理 とろろ朝まんま

松之山と言えば冬が有名。あの奇祭があるのもこの地です。

冬になると豪雪によりあたり一面雪景色となるここ松之山。雪の中で行われる奇祭「むこ投げ」や「墨塗り祭」などはメディアなどにもよく取り上げられるので、皆さん一度はテレビで見ているのではないでしょうか?十日町雪祭りも近年では力を入れていて、タレントやアーティストを呼んで行われる一大イベントになっています。「やっぱり松之山を訪れるなら冬の豪雪を堪能するのが醍醐味ですよね。その後カラダもココロも温まり、カラダに力がみなぎるようになっていただければ幸いです」とスタッフの島田さんは語ってくれました。

松之山温泉朝ごはん 対象旅館