にいがた朝ごはん

更なる美味しさ、滋養のために鯛みそがグレードアップ 越後豚柏崎鯛みそ和え

現状維持はつまらない、更なる美味しさを探そう

ご当地グルメを得意とする柏崎がまたまた進化

地元の魅力を新しいカタチで発信していこうと頑張る柏崎。その勢いはご当地グルメの鯛茶漬けを生み出し、全国にもその名を轟かせる程となりました。しかし、それだけにはとどまりません。実はレシピを年々進化させ、また柏崎に来たいと思ってもらえるような仕掛けづくりも欠かさないのです。それはこの朝ごはんプロジェクトにしても同じこと。
「前回と同じままでいこう」とはならないのが柏崎のバイタリティの強さです。スタッフをまとめる中村さんは「環日本海沿岸トップクラスの漁獲高を誇る鯛。そしてそこから生まれた鯛みそをベースに、新しいおいしさをご提案しようと思います」と自信をみせます。

頼もしいご当地グルメの味覚

好評の鯛みそを改めてご紹介します

他の地域の港がうらやましがるほど揚がる鯛の存在があるからこそ、前回から登場した「鯛みそ」は誕生しました。もとは地元の割烹が、その手間暇かかる手作り故に、常連のお客様にこっそり提供していたもの。 生みの親である割烹三井田さんの場合は、細心の注意を払っての骨抜きをしたあと、じっくり一時間以上火にかけながら地元産の「三階節味噌」と練り合わせるのですが、鯛の身の状態と味の馴染み方をベストの状態にするのは並大抵のことではないそうです。朝ごはんプロジェクトでは、三井田さんのものをはじめ、宿での手作りなどもされますが、それでもお客様の喜ぶ顔が頭の中に浮かんでいなければできない仕事でしょう。

魚の王様×山(陸)の旨味=これはイケル!

禁断の組み合わせが絶妙なコクを生み出した

前回は鯛みそをベースに木の実を和え、鯛の上品な味わいと木の実独特の食感がお客さんに好評でしたが、今回のメニューについて中村さんはニッコリと「欲張ってみました! 魚の王様(鯛みそ)に山(陸)の旨味、県内産の豚のブレンドです。上品な鯛の風味に味わい深い豚のコクが加わることで、喧嘩どころかとてもおいしく仕上がりましたよ」と満足げ。柔らかくてコク高い旨味を持つ越後の豚は、宿によってはそぼろになったり小間切れ並みになったりと姿を変えますが、いずれもとびきりの旨さでもてなしてくれるでしょう。「豚肉は豊富なビタミンと良質なタンパク源が得られる優れた食材です。冬の滋養を高めるためにも、ふさわしいものではないでしょうか」。それにしても朝から贅沢です。海の幸と山の幸の絶妙な組み合わせによる一品が味わえるのですから。

新しい魅力づくりにこれからも奔走します

更なる美味しさ、滋養のために鯛みそがグレードアップ 越後豚柏崎鯛みそ和え

新しい冬の柏崎の魅力も楽しんでください

米山の雪深いブナ林を源とする伏流水で育まれたおいしいコシヒカリに、柏崎の鯛と豚、味噌で仕込まれた朝ごはんのお供。冬の柏崎に訪れたくなるきっかけとしては充分です。「でも、まだこれがゴールではありません。季節毎、新鮮な驚きとおいしさを提供出来るよう、スタッフ一同これからも柏崎の魅力の再認識と創出に努めてまいります」。中村さんは力強く話してくれました。最後に、冬場の観光スポットとして面白い情報を頂きました。それは宿近隣の、ファームくじらなみ観光いちご園というところで新潟生まれのイチゴ、越後姫の摘み取りが1月から初夏まで出来るとのこと。朝ごはんプロジェクトスタッフの一人も「ここのイチゴを食べたら他のものが食べられなくなった」というほどのおいしさだと言います。柏崎でいちご狩り?という意外性もまた楽しいかもしれませんので、お時間があれば是非!

柏崎観光宿泊業組合地区 朝ごはん 対象旅館