にいがた朝ごはん

麒麟山が育む夏の香りと味わいを堪能してください しそ南蛮味噌

「夏」のきりん山温泉を感じていただく味わいを

好評だった、みがき鰊の麹漬けに続く郷土食を模索しました

「お陰様で、今まで提供していた『みがき鰊の麹漬け』はお越し頂いたお客様から大変好評で、お土産としても多くお求めいただきました。麹漬けそのものは通年ご用意出来るものなので、今回も継続して提供することは容易なのですが、出来ることならば新しく、夏の味わいを提供したいということで、今回のメニュー検討に入りました」。地域のプロジェクトリーダーである佐伯さんは、早速"ある人"に相談を持ち込みました。もちろんテーマは「夏のきりん山の味わいとは?」です。

郷土食の達人が導く、「ならでは」の味

昨年の水害からのリベンジ。そして待ちわびたお客様への約束を果たす一品

佐伯さんが相談を持ちかけたのは、過去のメニューで大好評だった「みがき鰊の麹漬け」をつくる「宮川麹や」のご主人。いつも一生懸命きりん山温泉の盛り上げに尽力する佐伯さんたち若手のことを、ご主人はちゃんと知っています。だからこそ、今回の相談も快諾してくれました。そこでご主人が発したのは、「この夏のメニューは昨年の夏のリベンジというか、お客様への約束を果たしたいので、是非『しそ南蛮味噌』にしてみたい」という熱い言葉。実は昨年夏の新潟・福島豪雨は、きりん山温泉とご主人の手塩にかけた畑にも被害を及ぼしました。結果、そこで収穫される食材を使った夏の時期に店頭を賑わす人気商品が販売できない状況に。これにはご主人はもちろん、いつもその商品を楽しみにしてくれていたお客様も残念がることしきりで、「来年は絶対に良いものをつくってお待ちしています」という約束につながったのでした。

やっぱり、こだわりの食材とこだわりの完全手作りで

手塩にかけた畑から生まれた、生命力抜群のしそを用いた「しそ南蛮味噌」

佐伯さんもご主人の気持ちに応え、夏の人気商品である「しそ南蛮味噌」を今回のメニューとして決定しました。大正時代から続く「宮川麹や」のモットーは、「嘘をつかず、清潔に、丁寧につくる」こと。昨年の水害後、荒れた畑を元の状態に戻して来期への準備をしていたのは言うまでもありません。そしてそこから生まれる、味わいを左右するしその葉は新芽しか使わず、味噌も自家製。かぐら南蛮も地元で収穫された確かな品質のものを使用します。美味しくない訳がありません。

昨年の夏の「忘れもの」を、朝ごはんの一品に

二年分の想いが凝縮した夏の香りと味わいをご賞味あれ

ここまで話しを聞いていると、早く味見をしてみたくなるのが心情というもの。しかし無添加かつ完全手作りの『しそ南蛮味噌』は、畑の恵みが成長するのを待つしかありません。これには佐伯さんも不安なのでは?「そんなことはありません。宮川さんには絶対的な信頼を置いていますので、必ず美味しいものを作ってくれるはずです」。満を持して二年ぶりに取り組んだ麒麟山麓で育まれた夏の香りと味わいを求め、きりん山温泉へ出掛けてみましょう。

郷土料理を通して阿賀町の魅力を伝えたい!皆様のお越しをお待ちしております!