にいがた朝ごはん

新鮮な日本海の幸で、爽やかにお目覚め イカのお刺身といごねり

期待を裏切らない、佐渡の美味しさを用意

お客様が臨んでいる佐渡の美味しさに応えていきたい!!

今回初めてプロジェクトに参加する六日町温泉。招集された会議では、ある一品の郷土料理をもてなすメニューとして検討していこうという機運に包まれていたといいます。地元の人なら誰もが馴染みがあるだけでなく、おふくろの味でいて理屈抜きにうまい料理があるじゃないかと。「きりざい」── それは、六日町の風土と歴史を知る料理。そこにスタッフは可能性を見いだしたのです。

佐渡の美味しさ2点とは?

真イカ

鮮度の高さが自慢の人気ナンバー1『イカ刺し』

「きりざい」が生まれたのは、はるか昔。戦国時代にはすでに武士が兵糧として持ち歩いたという記録も残っているとか。もともと、丹誠込めて育てた様々な食材の余りや端の部分を「もったいない」の精神で刻み混ぜ、ごはんの上にのせて食していたのが始まりだといいます。月日は流れ、生活が豊かになった現代においても当時の精神は受け継がれつつ、各家庭においておいしくなるアレンジが施され、今に至ります。「きりざいという料理の名前を知らなくとも、地元の人は当たり前のように昔から食べていた郷土料理。確かに昔は我慢の産物だったのかもしれませんが、今では豊富な食物繊維を摂取出来るだけでなく、おいしくなる工夫もされた立派なグルメメニューですよ」とは、プロジェクトスタッフの井口さん。

主役登場! 佐渡産コシヒカリ

おいしいおかずとともにいただくのは・・・

スタッフの宇津木さんは、この可能性を秘めた一品をどうしたら今後認知してもらえるか試行錯誤したといいます。「もとは各家庭によって育まれたもので、食材は多岐にわたります。しかしそれではきりざいの味わいが対外的にぼやけてしまうので悩んだのですが、タイミング良く行政がきりざいをB級グルメとして全国に売り出していくというではありませんか。それならレシピや呼び方も統一しよう、その方が継続的かつ効果的に確立されたきりざいのイメージを受け取っていただけるはずと思い、連携を取り始めたんです」。

誇りを持って提供する佐渡の幸を是非

新鮮な日本海の幸で、爽やかにお目覚め "イカのお刺身といごねり"

ごはんのお供はもちろん・・・ですけど

かくして基本食材は野沢菜、ゴマ、鮭、たくあん、そして納豆の五品。正式メニュー名は「南魚沼きりざい」に統一され、今後、六日町旅館組合と行政が一丸となってアピールしていくことになります。 「かの武将、武士たちが食べていたであろうきりざいを食べ、兼続の居城、坂戸城のあった坂戸山を登り、戦国時代にも咲き誇っていた花々を愛でる。是非、六日町の朝ごはんにいにしえのロマンとストーリーも感じていただきたいですね。たかが朝ごはん、されど朝ごはんという強い気持ちで皆さんに味わっていただこうと頑張りますよ」と力強く宇津木さんは語ってくれました。

自慢の海の幸で皆様のお越しをお待ちしております

六日町温泉朝ごはん 対象旅館