にいがた朝ごはん

県内最大のなめこ産地から素朴なおもてなし 里山のかおり津南産なめこのつくだ煮

大自然のエネルギーが宿る津南町

日本有数の豪雪地帯だからこそ育まれるもの

昨年秋からスタートした本プロジェクトに初参加の津南地区。全国有数の豪雪地帯として知られ、土地勘のない人からみれば、どんな秘境なのだろうと思われるかもしれません。しかし、知れば知るほど津南の持つ魅力に惹かれていきます。きれいな空気と清冽で豊富な水量がもたらす自然の恵み、津南高原野菜はまさに大きな魅力の一つ。「汚れのない場所で育まれた食材をいただくことで、自然から大きなエネルギーをもらった気分になります」とは、山岸さん。ということは、山岸さんは毎日大きなエネルギーを取り入れているのですね、羨ましい!

津南町を語る上で外せない食材でもてなそう

全国トップクラスの生産量を誇る特産物にクローズアップ

その厳しくも恵まれた自然環境のなかで育まれる高原野菜の種類は豊富。山菜はもちろんのこと、アスパラガス、スイートコーン、トマト、野沢菜、キノコ類。そして近年では「豪雪」の下で春を迎える雪下にんじんなど、いずれも食材が持つ本来の濃い味わいが評価されています。風巻さんは、その評価のあらわれを真摯に受け止め、今回のメニュー用食材を決定したと教えてくれました。「数多くある直売所で新鮮な野菜をお土産としてお求めになるお客様も増えていますし、宿にお越し頂くお客様も期待されているはずです。それなら津南が自慢できる食材をメインに朝ごはんを召し上がっていただこうと」。見せてくれたのは、色も鮮やかで大粒なナメコでした。

「津南産だから美味しい」と評価される大粒ナメコ

アツアツご飯にのせるナメコ最上級の頂き方

そもそもナメコの出荷量が全国2位を誇る新潟県の中で、最大の産地が津南町だといいます。「通年でハウス栽培、特に秋は天然ものと、ナメコは津南誇りの食材の一つ。はじめて参加する『朝ごはん』に、ナメコを使おうとなったのは、自然な成り行きかもしれません」と話す山岸さんに、風巻さんとお母さんである女将さんによるアットホームな検討会では、絶好のご飯のお供として相応しい『ナメコのつくだ煮』を選択しました。「津南のナメコは色や味が濃くて大粒。しかも歯ごたえがしっかりしているとして評価されていますので、その良さを残しつつ、ピカピカアツアツの魚沼産コシヒカリご飯がすすむ味付けにしています」。田舎のお母さんがつくる、素朴な手作りの一品。そんな表現がピッタリな見た目とフワッと甘い食感が、清々しい津南の朝に待っています。

絶好の行楽シーズンを迎える秋の津南

県内最大のなめこ産地から素朴なおもてなし 里山のかおり津南産なめこのつくだ煮

心と身体が癒される津南で最高の朝ごはんを

秋の味覚が満載な上に、紅葉で名高い秋山郷の絶景、家族連れで楽しむとの出来るアクティビティも豊富な津南町。実は癒し効果が科学的に実証された「森林セラピー基地」として認定された、森林浴効果の高い地域でもあります。「大自然のエネルギーを肌と口から取り入れ、紅葉の絶景を感じる。きっと心と身体がリフレッシュされるに違いありません」。山岸さんと風巻さんが口を揃えてニッコリと、癒しの津南にご招待してくれました。