にいがた朝ごはん

見た目もビックリ!?優しい食感の伝統食を朝ごはんに 代々伝わる伝統料理 車麩煮

代々伝わる伝統料理 車麩煮

魚沼の「美味しい財産」をもっと紹介していこう!

大湯温泉の毎回一貫してのコンセプトは「地元以外ではあまり知られていない、おいしい財産を随時紹介していこう」と言うことです。前々回の朝ごはんプロジェクトでは、見た目のインパクトの強さと滋味溢れる山の味わいの「一本ゼンマイの煮しめ」、前回は全国納豆鑑評会で最優秀賞に輝いた「大力納豆」を紹介しました。では今回は…?魚沼と言えばお米の頂点に立つ「魚沼産コシヒカリ」の産地。そのご飯と肩を並べる郷土料理とは?

健康食品としても注目の「新潟県の特産品」

県民みんなが知っている「車麩」

新潟県民であれば誰もが知っているであろう「車麩」。ですが県外に出るとあまり知られておらず、なかなか手に入りにくものだそうですね。
魚沼も車麩の生産地。今回はそこに目をつけ、昔から親しまれている「車麩」を使った料理にすることにしました。車麩とは車輪のような形をした新潟県特産のお麩です。専用の棒に巻いて回転させながら直火焼きをする工程を何回も繰り返します。なので何重にも重ねられた麩の断面が車輪に似ていることから「車麩」と名づけられました。原材料は小麦グルテンに小麦粉を加えたもので、植物性タンパク質の高タンパク低脂肪のヘルシー食品。新潟ではよく煮物などで食卓にあがります。

県民定番の食材を使ってのメニュー開発

新潟の定番料理で勝負!

普通のお麩と違い「車麩」はモチッとした噛み応えと、ボリュームのある食べ応えも特徴的です。新潟県での定番の食べ方は「車麩煮」。もちろん大湯でもその定番料理で勝負です。なぜなら大湯のコンセプトが、前にも言ったとおり「地元以外ではあまり知られていない、おいしい財産を随時紹介していこう」だから。「車麩」こそそのコンセプトにピッタリ食材!だと思いません?今までも大湯では旅館の料理に「車麩煮」を提供している宿もあります。県外の方はやっぱり見ただけではお麩だとわからない方が多いそうです。「これは角煮ですか?」と聞かれることがしばしば。確かに似てるかもしれませんね。

それぞれ家庭の味がある食材だからこそ

麩という食材は、そのものにはほとんど味がありません。だから味付けによってさまざまな料理、味付に応用できるところがお麩のいいところです。お麩って噛んだ瞬間にジュワッと出てくる煮汁がたまらなく美味しいですよね。今回大湯では「車麩煮」の味付けは統一せず各宿の「伝統の味付け」で食べてもらうことにしました。昔からそれぞれの家にそれぞれの家庭の味がある「車麩」だからこそ、敢えてその宿の味で食べてもらいたいのです。宿によっては、旬の野菜と車麩を一緒に煮てさらに味わいの深い「車麩煮」のところもありますし、こんにゃくと車麩を煮た「ヘルシーな車麩煮」なども…その他、各宿志向を凝らした「車麩煮」が皆さんをお待ちしています。

なんと言っても日本一の魚沼産コシヒカリ!

見た目もビックリ!?優しい食感の伝統食を朝ごはんに 代々伝わる伝統料理 車麩煮

美味しすぎて朝からおかわりの連続?

近年コシヒカリは日本の各地で栽培されるようになりましたが、その中でもやはり魚沼産コシヒカリは格別です。それは魚沼が美味しいコシヒカリを作る環境に適しているからなんです。稲穂が育つ夏が高温で、昼夜の気温差が大きいこと。ミネラルを含む肥沃な土地であること。そして豪雪地帯であるために冬に積もった雪が伏流水として恵みの水となること。魚沼ではこの3つが揃うからこそ日本一のコシヒカリが出来るのです。炊立てツヤツヤで口に含んだときにふんわりと香る甘さ。このコシヒカリに大湯の「車麩煮」。美味しくてつい朝からおかわりすること間違いなしですよ!ご期待ください!

大湯温泉朝ごはん 対象旅館