にいがた朝ごはん

身近に育つ香り豊かなふるさとの味わい しその実味噌漬

各家庭でも必ず食卓にあがるおふくろの味

見た目ではなく本物の美味しさを楽しんでいただくために

五頭温泉郷の朝ごはんプロジェクトへのチャレンジも今回で三回目を迎えました。前回のメニューは春の息吹が漂う「ふき味噌」でしたが、実はそのふき味噌決定の舞台裏にはすごい決戦がありました。
その相手が今回登場の「しその実味噌漬け」です!メニュー検討会議はもちろん全員一致で即決定です!「しそ」と言えば「季節的にも秋がイイ!」と言うこともあって文句なし。

昔ながらの里山農家の味を地元の美味しいお米で!

地元農家が作る極上のコシヒカリ

五頭連邦は名水の地としても有名です。その名水を使って栽培されているコシヒカリを、朝ごはんでたっぷり味わってください。ツヤツヤで真っ白い炊き立てご飯は、粘りが強く一口噛んだ瞬間に上品な甘味がふわっと口の中に広がります。その美味しいご飯をさらに引き立てるのが今回の「しその実味噌漬け」なのです!

昔からの里山の伝統の保存食

必ず「その家庭の味」がある、懐かしい地元の味

味噌漬けのしその実、大根、きゅうり、なす、生姜など季節の野菜を細かく刻んで、味は保存がきくように濃いめに作ります。しその実は各宿ごとに自家栽培をしているところがほとんどで、漬け込む時間はさまざま。宿によっては一年ぐらい漬け込むところもあります。しその実のプチプチとした食感が美味しく、さらに季節の野菜が絶妙なバランスで美味しさを引き立てます。炊き立てのご飯との相性は抜群。ご飯一膳をあっという間にたいらげてしまうこと間違いなし!おかわりくださ~い!

1200年の歴史を持つ温泉だからこそ

身近に育つ香り豊かなふるさとの味わい しその実味噌漬

地元食材を大切に、手造りの味を味わえるように

「しその実味噌漬け」はどこの家庭でも自家製で食べられている郷土料理です。地元の人はご飯のお供として食べるのはもう当たり前。お茶漬けにして食べたり、炒め物にサッと入れて軽く炒めたり…と万能食品としていろいろな食べ方で食べています。そんな地元の味を「五頭に来たからには是非味わってもらいたい」それも炊き立ての美味しいコシヒカリで!五頭温泉郷の秋は紅葉が美しく、紅葉を眺めながらの紅葉風呂も楽しめます。歴史ある温泉を楽しむと共に、地元の美味しい朝ごはんも是非味わってください!

味・香・食感 全てがご飯と相性バツグンです。

五頭温泉郷朝ごはん 対象旅館