にいがた朝ごはん

弥彦浪漫 朝ごはんをもう一杯! きりあえの生ふりかけ

新しいメニュー作りに向けて

弥彦むすめ コンニャク

弥彦の名物を作り出そう

旅館組合若手スタッフが集まり、せっかくだから弥彦の新しい名物をつくりだそう!と、テンション急上昇。相談の結果、弥彦地域の名物と、弥彦の味噌を合わせることが出来ないかと、地元生産組合に持ちかけます。スタッフが素材として選んだのは、地元の枝豆とコンニャクでした。
誰もが期待をしていた矢先、生産組合から飛び込んできたのは「熟成期間が間に合わない」「素材の良さが発揮出来ない」という答え。その非情なる?結果にスタッフは騒然。うなだれるほど・・・にはならずとも、凹んだのは確か。さて、前途多難なメニューづくりに光明は見えてくるのでしょうか。

灯台下暗し? ヒントは我が家の家庭の味に

地元の味

そんななか、地元では昔から食されているものでも、お越しいただくお客様には新鮮に映る美味しいものもあるのでは? という知人のアドバイスから、それならと浮かんできたのが「きりあえ」だったのです。

きりあえの材料

「きりあえ」とは

「きりあえ」とは、大根の味噌漬けを刻んだものに砂糖、胡麻、柚子、青のり等を混ぜた和え物で、調べてみるとその昔、幕府からの締め付けが厳しかった時代に白米を食べていることを悟られまいと、ごはんの上に多めに乗せた黒っぽいふりかけのようなものが「きりあえ」の発祥との説も有るとか。スタッフの誰もが幼い頃から馴染んできた味が、実は数百年に及ぶ歴史を持った一品だったのです。これには目から鱗。ぜひ弥彦の朝ごはんにはこれをプッシュしようと、スタッフも改めて動き出します。

家庭ごとに進化をとげた、歴史あるごはんのお供

メニュー決定!

メニューは決定。ではどのようにお客様に楽しんでいただくかを検討する際、意見交換をすると意外な事実が。大根の味噌漬けと砂糖を使用するところまではどこの旅館や家庭でも一緒でしたが、今ではあらゆるアレンジがなされて現在に至るといいます。例えば胡麻。成り立ち的には食しているのが白米とわからないようにと黒胡麻を多めに入れていたものが、時代が流れ、特に人の目を気にしなくても良くなったからか、現在では白胡麻を使う人が多くなっているといいます。そして大根。決まった大きさに刻まなければならない理由も無いため、ある家庭では30分もかけて細かく刻んでいた時期もあったとか。つまり、時代とともに各家庭で育まれてきた料理でもあったわけです。それなら・・・。

旅館毎の「きりあえ」の味わいを是非!

弥彦ごはん 朝ごはんをもう一杯!'きりあえの生ふりかけ'

皆様のお越しをお待ちしております。

各旅館が、思い入れの有るアレンジを効かせた「きりあえ」をもてなそうということになりました。その味わいは、歴史に育まれた滋味深いものかもしれませんし、「進化するきりあえ」として、斬新な素材と組み合わされたものが出てくるかもしれません。(なんと、試作段階ではトロロを入れたものもあったといいます。果たして完成やいかに?)いずれにせよ、古くて新しい弥彦名物がまた一つ日の目をみます。その答えをぜひ旅館でお確かめください。

弥彦温泉郷 神田さん

月岡温泉朝ごはん 対象旅館