蓬平温泉/朝ごはん 野沢菜入りかぐら南蛮のりの佃煮

野沢菜入りかぐら南蛮のりの佃煮

歴史ある街とともにある、山あいの温泉地

蓬平温泉のある長岡市は、新潟県の中央に位置する県内2番目の大きな都市です。縄文土器が発掘されていることから、この時代から人が生活していた形跡のある、とても歴史ある街です。戦国時代には上杉謙信が長尾景虎姓時代に納めていた地域(栃尾地域)でもあり、また直江兼続の拠点があった地域(与板地域)でもあります。幕末には、薩長に抵抗した河井継之助や“米百俵の精神”で知られる小林虎三郎など、多くの偉人や著名人を輩出してきた土地でもあるのです。蓬平温泉は、長岡市内の中心部から車で25分ほどの場所にありながら、渓流と豊かな自然に抱かれた山あいのこじんまりとした温泉地です。街中から自然へと、道中いつの間にか景色が一変するのも楽しみのひとつです。

知られざる伝統野菜、長岡菜とは?

新たにメニュー開発をするのではなく「もともと地元で親しまれているメニューを、朝ごはんのメニューとしてもてなしたい」というのが、蓬平の女将たちのコンセプト。「地元らしく、なおかつごはんに合うもの」を集め試食会を行った結果、なかでも食感がよく地元らしい食材を使用している「かぐら南蛮のりの佃煮」に決まりました。からいも、まいたけ、かぐら南蛮を使用した、シャキシャキとした歯ごたえと舞茸の風味が口の中で広がる秋らしいメニューです。味は塩分控えめで薄味ですが、山古志産のかぐら南蛮のピリッとした辛さがクセになります。

伝統の食材を、その地で味わう幸せ

味の決め手、ピリッと辛い「かぐら南蛮」。長岡・山古志の伝統野菜であり、ゴツゴツとした外形が歌舞伎の神楽の面を連想させることから「かぐら(神楽)南蛮」と呼ばれています。見た目はピーマンに似ていますが、ピーマンのように一年中食べられるものではなく、この季節にしか味わえない秋の旬野菜なのです。ごはんのおかずとしてはもちろんのこと、お酒のおつまみにも合う山古志イチオシの山里の味覚です。

蓬平温泉・朝ごはん「野沢菜入りかぐら南蛮のりの佃煮」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)