蓬平温泉/朝ごはん 冬のイチオシの一品「煮菜」

冬のイチオシの一品「煮菜」

歴史ある街とともにある、山あいの温泉地

蓬平温泉のある長岡市は、新潟県の中央に位置する県内2番目の大きな都市です。縄文土器が発掘されていることから、この時代から人が生活していた形跡のある、とても歴史ある街です。戦国時代には上杉謙信が長尾景虎姓時代に納めていた地域(栃尾地域)でもあり、また直江兼続の拠点があった地域(与板地域)でもあります。幕末には、薩長に抵抗した河井継之助や“米百俵の精神”で知られる小林虎三郎など、多くの偉人や著名人を輩出してきた土地でもあるのです。蓬平温泉は、長岡市内の中心部から車で25分ほどの場所にありながら、渓流と豊かな自然に抱かれた山あいのこじんまりとした温泉地です。街中から自然へと、道中いつの間にか景色が一変するのも楽しみのひとつです。

知られざる伝統野菜、長岡菜とは?

蓬平温泉の朝ごはんのメニューは、女将三人が集う通称「よももの会」の面々が検討会を開き、決定したもの。地元食材の魅力をお客様に伝えるべく、農家さんと協力し合い、生産と供給、そして提供の仕方やPRについて、日々話し合いを行っています。冬の朝ごはんで使用する食材「長岡菜」もそのひとつ。昔から家庭の保存食として漬け菜にされてきた伝統野菜です。諸説あるようですが、なんでも昭和のはじめ、体菜と野沢菜(または小松菜)との交配でできた、やや小ぶりで茎もやわらかい品種で、一時期は減少した生産量も、近年復活の兆しをみせているのだとか。蓬平温泉では、有機栽培にこだわる農家さんに直接栽培をお願いし、健康な土壌ですくすくと育った長岡菜を提供しています。

伝統の食材を、その地で味わう幸せ

「煮菜」は、塩漬けした長岡菜を塩出しし、フライパンでニンジンやコンニャク、油揚げと一緒に炒めた後に出し汁で煮る、冬の定番の一品。「一緒に炒める食材はシンプルな方が、長岡菜の味が引き立ちます。タカノツメでピリッとしたアクセントを加えるのもポイントですよ」と、金内さん。なんと長岡菜の収穫は、女将さんを先頭に、宿のスタッフ自ら行うのだそうです。自ら確かめ、収穫した食材を、自らの手で調理し、お客様にお出しする。まさに入魂の逸品です! この地伝統の野菜をその場で味わう至高の贅沢。素朴ながら、これぞ旅の醍醐味ですね。ちなみにこの「煮菜」、やみつきになる美味しさで、とにかく箸が進みますよ。

蓬平温泉・朝ごはん「冬のイチオシの一品「煮菜」」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)