鵜の浜温泉/朝ごはん メギみそ香る朝ごはん

メギみそ香る朝ごはん

鮮度落ちが速く、鵜の浜でしか食べられない魚

昔から地元の漁村で受け継がれてきた地引き網。現在は春から秋にかけて「地引き網体験」イベントとして再現されています。秋はハタハタ、アジ、ヒラメなど…自然が相手なので何が揚がるかはその日次第。そんな鵜の浜温泉ですから、もちろんもてなしの一品は魚介です。でも、ありきたりの魚ではつまらない。そこで鵜の浜温泉が選んだのは、地元の人にはポピュラーながら遠方には出回っていない「メギス」です。「キスよりメギス」地元の人は口をそろえてそう言います。

門外不出の「上越のごっつぉ」と言われる、脂ののった旨さ

あまり聞き慣れないメギスとは? カタチや名前はキスに似ていますが、実際はキスの仲間ではありません。上越の近海で多く獲れ、地元では昔から白身の美味しい魚として食卓に上がっていました。近年では「上越のごっつぉ」にも認定されているほどなのですが、全国的にみると知名度はまだまだで出荷もあまりされていません。だからこそ、この朝ごはんプロジェクトのメニューにはピッタリ。鵜の浜ならではのめずらしい食材の朝ごはんです。

アツアツのごはんに合うよう、いかにメギスを提供するか

鵜の浜の風に吹かれ、手間を惜しまない昔ながらの熟練された干し加減で仕上がったメギスは、余分な水分と生臭さがとれ、魚独自のタンパク質の一部がアミノ酸に分解されるため、塩焼きや刺身では味わえない旨味が出ます。また、DHAやタウリン、コラーゲン、カルシウム、リン等も多く含まれています。いただくときにはサッと火に炙って香ばしさを倍増。まるまる一匹召し上がっていただく、鵜の浜自信の一品です。

どの宿の料理も、間違い無しの美味しさです!ただ、どれも朝酒にも相性抜群なんですよね(笑)。

鵜の浜温泉・朝ごはん「メギみそ香る朝ごはん」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)