佐渡地区/朝ごはん わらさフレーク

わらさフレーク

新しい佐渡のイメージづくりを

新鮮な魚介に、羽ばたく朱鷺、世界遺産登録を目指す金山、そして神秘的な伝統芸能の聖地としても知られる佐渡ですが、近年では、新しい魅力を創り出そうと官民一体となり、各分野において精力的に研究・開発が行なわれています。食材も大きなテーマで、新潟県は佐渡市や関係機関とともに「まるごとフルーツの島づくり推進事業」を立ち上げ、スイーツやドレッシング等のレシピを作成しています。この事業には朝ごはんプロジェクトのスタッフも注目。魅力的な食材やレシピが生まれた暁には、ぜひメニューとして扱いたいと考えていたそうです。

県内随一の柿の産地、佐渡

事業のテーマ食材の一つとして、佐渡名産のおけさ柿があります。おけさ柿とは、渋柿を焼酎等でさらした種無しの甘い柿のことで、口の中でとろけるような食感と上品な甘さが特徴です。もともと柿自体も「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われる程、栄養価も豊富なことから健康志向が高まる昨今では注目される食材のひとつ。「まるごとフルーツ~事業」では、はやくからこの効能に着目し研究を開始。試行錯誤を経て、ようやく「柿セレブ ドレッシング」が完成しました。

新感覚の舌触りと香りがやみつきに

おけさ柿のジューシーな果肉感と舌触り、そして通常のドレッシングと比較して減塩、オイルカットしているこのドレッシングは、おけさ柿の性質上、製造過程に特許技術を用いて他に類をみない佐渡ならではのものに。魅力的な食材の誕生に朝ごはんプロジェクトでは早速導入を検討し、今回のメニューの一品としてお目見えするに至りました。朝ごはんでいただく、佐渡ならではの新感覚ドレッシングのフルーティな味わいはお土産でもお求めになれますので、自宅でいろんなレシピに挑戦するのも楽しそうです。

どの宿の料理も、間違い無しの美味しさです!ただ、どれも朝酒にも相性抜群なんですよね(笑)。

佐渡地区・朝ごはん「わらさフレーク」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)