六日町温泉/朝ごはん あねさのえのき美人

あねさのえのき美人

心強い女性陣が全面協力してのメニュー作り

メニュー検討会議には、地元旅館女将の会「あねさ会」、そして市役所に籍を置く「南魚沼市女子力観光プロモーション」の、20代から70代までの総勢12名の女性陣が参加して行われました。その会議の中で、地元で一番の大女将が「この機会に皆さんに伝承したい一品がある」と話してくれたのが、「えのき茸の煮浸し」。そこで、基本的なレシピは大女将のものを踏襲し、各宿で独自にまとめあげた品でもてなすこととなりました。

改めて注目される「えのき茸」

健康食品としてキノコ類がもてはやされる昨今、様々な研究と実証でその存在が見直されつつある「えのき茸」。食物繊維が豊富でノンカロリー。タンパク質やビタミンも多く含んでいるので、便秘解消や肥満、生活習慣病予防に効果を発揮する女性にもうれしい食材です。そこでメニューのネーミングも「あねさのえのき美人」としました。しかも現在、地元六日町では産業振興局が中心となり、「えのき茸」の特産化へ向けての準備も着々と整いつつあります。

美人の真意はもてなす人の心にあり

「あねさのえのき美人」は、その独特な食感を損なわないようダシで軽く煮付け、味わいや彩りを添えて出来上がり。一見簡単そうですが、実は奥の深い料理だといいます。繊細な白い姿を残し、独特な食感を損なわないようにするには食材や調味料の絶妙な加減が必要で、シンプルな色合いだからこそ盛り付ける器などにも気を遣わなければならないのです。六日町随一の大女将が伝えたかったのは「秋の新米を引き立てるえのきのように、お客様を心でもてなせる真の美人女将になって欲しい」ということなのでしょう。

秋は新米の季節。南魚沼産コシヒカリと美味しい朝ごはんを召し上がってみませんか?

六日町温泉・朝ごはん「あねさのえのき美人」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)