岩室温泉/朝ごはん しそ味噌いわむろぶれんど

しそ味噌いわむろぶれんど

300年の歴史を誇る、新潟の奥座敷

昨年、開湯300年を迎えた岩室温泉は、正徳三年(1713年)、白髪の老翁が庄屋高島庄左衛門の夢枕に立ち、そのお告げ通りにこの地を探すと、一羽の傷ついた雁が泉流に浴して怪我を癒していたことから源泉を発見したという言い伝えに由来して、別名「霊雁の湯」とも呼ばれています。一方で、温泉地としての営業がおおやけに認められたのが正徳三年であったという記録もあります。江戸時代には、湯治場としてはもちろん、幕府への佐渡の金輸送の大動脈でもあった北国街道の歓楽街として繁栄したという記録が多く残されています。新潟市中心部からの利便性に優れていながら、豊かな自然と温泉地としての情緒も感じられる岩室温泉は、県内外問わず多くのお客様に愛されています。

この地で守り続けるふたつの味が出会うとき

岩室温泉の今年の春の朝ごはんは、「しそ味噌いわむろぶれんど」。お隣、燕市にある「越後味噌」さんの人気オリジナル商品「しそ味噌」に、岩室温泉唯一の酒蔵「宝山酒造」さんの酒粕をブレンドした岩室温泉ならではの一品です。昭和5年の開業以来、新潟県産・国産の野菜や大豆にこだわり、生産者とのつながりを大切にしながら郷土の味を守り育てている「越後味噌」さんの信条は、朝ごはんプロジェクトの理念と通ずるところがあります。そんな地元の味「しそ味噌」を、明治18年創業の「宝山酒造」さんの酒粕でブレンドするわけですが、この分量の割合がなかなか難しい。幾度の試行錯誤を重ね、ようやく「ほどよい割合」を生み出すことに成功。かくして、岩室温泉でしか味わえない、とっておきのごはんのおかずが完成したというわけです。

日本一暮らしやすい温泉地へようこそ!

開湯300年にあたり、「日本一暮らしやすい温泉地」を目指し、次の300年へと決意を新たにした岩室温泉では、地元の企業や人々との交流や体験プログラム、イベントなど、シーズンごとのさまざまな取り組みが盛んに行なわれています。朝ごはんプロジェクトでお世話になっている「越後味噌」さんや「宝山酒造」さんを巡る見学ツアーなどもありますよ。地元の方々の生き生きとした姿や楽しそうに交流している姿を見ると、「日本一暮らしやすい温泉地」というキーワードが浮かんできます。どうやら楽しく暮らすことは、「暮らしやすい」につながっているようです。

岩室温泉・朝ごはん「しそ味噌いわむろぶれんど」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)