瀬波温泉

瀬波温泉のある村上市は、新潟県の北端、山形県との県境に位置しています。
約50キロメートルにも及ぶ海岸線が特徴で、瀬波温泉もこの海岸線沿いにあることから、
日本海に沈む夕日鑑賞に絶好のスポットとして県内でも屈指の観光地となっています。
温泉は、石油掘削中の明治37年に突然熱湯が噴出したのが始まりでした。
湯量が豊富で、約95℃の源泉は「熱の湯」とも呼ばれています。
街の中心部は、かつて城下町として栄えた頃の風情を今に伝え、伝統的な町屋をそこかしこに見ることができます。
飯豊朝日山系を源とする荒川、三面川、石川などに恵まれ、流域は肥沃な水田として農業の基盤となっています。

大観荘 せなみの湯

料理名

 

食材

 

ストーリー

 

エリア一覧