にいがた朝ごはん

「元気美人」月岡の新名物で食でも美人に 越乃紅鶏(こしのあかどり)そぼろ

これからの月岡を担う世代が作った新名物

良質な温泉だからこそ、食にもこだわりを

「美人になれる」という効能が認められ、今や新潟を代表する温泉地のひとつとして全国から大勢のお客様が訪れます。泉質はエメラルドグリーンに輝く硫黄泉でお肌もスベスベ。しかも来年には開湯百年を迎えます。「ここまで月岡温泉を大きくしてきたのは先輩方の努力であり、これからの月岡を考え守っていくのは我々の世代」とメニュー開発のまとめ役、樋口さんは語ります。月岡温泉の泉質の良さはもうご存知の通り。さらに「食べてもっと元気で美人になれる」メニューを開発し、新たな月岡の名物として根付かせよう!という意気込みで朝ごはんプロジェクトに臨んでいます。

新発田特産「越乃紅鶏(こしのあかどり)そぼろ」の素晴しさを!

地元に根付いている月岡温泉にふさわしい食材

月岡温泉は昨年一年を通して「越乃紅鶏そぼろ」を使ったメニュー開発を行ってきました。今回も春のメニューとして「越乃紅鶏そぼろ」に決定です。普通一般的に食べられているのは若鶏ですが、昔から地元新発田では赤羽毛の採卵鶏(いわゆる平飼いの鶏)を食べてきました。この鶏は若鶏よりもタンパク質が多く含まれており、脂肪も程良くのっていてコクのある美味しさが備わっているんです。一年を通したメニュー展開で越乃紅鶏の特性や味わいもわかってきたことにより、「越乃紅鶏そぼろ」自体にも味わいに深みが出てきました。地元に根付いている食文化をフルに活かし、「月岡の新名物」を創り出し定着させる。これはとても意義のあることだ。と開発プロジェクトスタッフは考えています。そのための毎回の積極的な意見交換や、地元の生産・加工業のマルコ岩村さんとの度重なる試作は欠かせません。このようにしてこそ美味しい新潟コシヒカリとそぼろのお互いが引き立て合う、味わい深い朝ごはんが出来上がるのです。

永く親しまれる味で皆さんから美味しいと喜ばれるために

「越乃紅鶏そぼろ」と言ったら「月岡温泉」と言われたい

今回も月岡が提供する朝ごはんのお供としてふさわしい味付けをいろんな角度から模索しました」。昔ながらの醤油味?それとも濃厚な味噌味?月岡が提供する朝ごはんのお供としてふさわしい味付けをいろんな角度から模索しました。その結果、素朴ですっきりとした風味が朝ごはんとしてはふさわしいと、醤油、砂糖、みりん、そして生姜を加えた醤油味で決定。仕上げは地元食材にこだわりを持ち、月岡からも信頼される生産・加工業のマルコ岩村さんに託されました。「一口食べると少し味が濃いと感じるかもしれませんが、美味しい新潟のコシヒカリと一緒に食べれば程良く馴染み、ごはんとそぼろのお互いが引き立て合う味わいになってます」と、担当の方も自信有りです。

開湯百年を迎える来年はイベント盛りだくさん

「元気美人」月岡の新名物で食でも美人に 越乃紅鶏(こしのあかどり)そぼろ

月岡の魅力を存分にアピールします

月岡温泉は来年で開湯100年を迎えます。湯治宿からスタートした温泉も現在は17件の旅館が並ぶ温泉観光地になりました。今までは「美人になれる温泉」だったキャッチフレーズも、今年から「元気美人」にかえ、今後3年間「月岡温泉開湯百年祭『元気美人』」を展開します。温泉らしい風情を大切にするため石畳を拡大したり、エメラルドグリーンの日よけのれんを設置したり、ブロック塀を木の塀にするなどして百年祭を盛り上げます。そんな活気にあふれた月岡温泉で「より元気に、より美人に」なれる朝ごはん、「越乃紅鶏そぼろ」が活力をプラスします。この機会に是非、月岡温泉にお越しください。お待ちしています。

月岡温泉朝ごはん 対象旅館