柏崎観光宿泊業組合地区/朝ごはん 柏崎鯛みそ木の実和え

柏崎鯛みそ木の実和え

「鯛茶漬け」が好評の柏崎が開発した朝ごはん

今やご当地グルメにおいて全国区の知名度を誇る柏崎の鯛茶漬け。高価な真鯛を惜しげもなく贅沢に使ったソウルフードは、「鯛が揚がる柏崎」のイメージを一気に広めました。昔から柏崎は自慢の食材を美味しくもてなそうと鯛料理に関しては"うるさい"地域。そんな柏崎が提供するのは、今まで地元の割烹がお客様に「こっそり」提供していた「鯛みそ」です。なぜ"こっそり"なのか、それはとても手間のかかる手作りのため、大量生産が出来ない逸品だからなのです。

鮮度抜群。鯛の身がふんだんに使われる「鯛みそ」

メニューのベースとなる「鯛みそ」は、まず新鮮な真鯛をおろし丁寧に骨を抜き、程良く煮た後に身をそぼろ状にして、一時間以上火にかけながら味噌と練り合わせます。細心の注意が必要な骨抜きと、地元でつくられたこだわりの「三階節味噌」を使用すること、そして味わいの決め手となる時間をかけた味噌との練り合わせは、一朝一夕では到底出来ない職人の技と言っても過言ではありません。まさに柏崎の風味を閉じこめた、知る人ぞ知る逸品なのです。柏崎ならではの美味しいこだわりが実感出来ることでしょう。

海と山のコラボで「鯛みそ」をもっと美味しく

今回は「鯛みそ」にもうひと手間かけ、味わいにふくらみを出そうと考えました。それがメニューの名前にもなっている木の実和えです。和えられる木の実はクルミや松の実などが挙げられますが、何を和えるかは宿にお任せ。その宿ごとの「オリジナル鯛みそ木の実和え」がもてなされます。「海と山、ふたつの風味と食感が絶妙で、口に入れれば忘れられない美味しさが広がります。柏崎の秋の朝ごはん。名峰、米山の伏流水で育まれたコシヒカリとともにお召し上がりください。

どの宿の料理も、間違い無しの美味しさです!ただ、どれも朝酒にも相性抜群なんですよね(笑)。

柏崎観光宿泊業組合地区・朝ごはん「柏崎鯛みそ木の実和え」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)