にいがた朝ごはん

魚プラス野菜・キノコがギッシリの贅沢味噌汁 「鮭のつみれと地元の野菜、茸たっぷりお味噌汁」

寺泊は海だけだと思っていませんか?

寺泊の食は地元でほぼ調達が可能な程の豊穣な土地柄実は殆どが地元で調達できる程の食の宝庫

長岡市の寺泊地域と言えば「サカナのアメ横(魚の市場通り)」目当てに県外からも観光客が訪れる程の、いわば「サカナのまち」と思われがちですが、海から内陸まで広がっている寺泊地域は、実は「キノコ」がたくさん採れるのです。新鮮野菜の産直市場だって地域内に3軒もあるんです。しかも多くのお客さんが開店時間を待ちわびることもしばしばという程の盛況ぶりなんですよ。「寺泊といえば海」というイメージとはどうやら違うようです。「そんな知られざる寺泊の幸を皆さんが期待されるサカナとともにご紹介できれば。と考えました」と、プロジェクトリーダーである女将の右近さん。寺泊が野菜やキノコの宝庫であったとは! これは是非とも紹介しなければなりません!!

老若男女、誰もがおいしく味わえるそんなメニューを

こと魚に関しては眼の肥えた女将が吟味します

「訪れるお客様に真心をこめて丁寧にもてなす」ことが信条の女将は、特に料理に関しては厳しい目を持っています。なんでも魚屋さんが持ってきた魚も女将のお眼鏡にかなう鮮度がなければ突っ返してしまう程だとか。「サカナの寺泊において、皆さんの期待を裏切るわけにはいきませんからね(笑)」。今回のメニューづくりも、女将を中心に調理場をはじめ、他のスタッフにも声をかけてみんなで行いました。「寺泊にはお子さんからお年寄りまで幅広い層のお客様がいらっしゃいます。だから性別や世代で好みも変わるでしょう?でも朝ごはんはお客様みんなに美味しく召し上がって欲しいんです」だからこそ試食を何度も重ねながら絞り込んで、ようやく今回のメニューに辿り着きました。決定したメニューは、新鮮な魚のつみれに、出汁を吸い込んで旨味を増した寺泊野菜が嬉しい「具だくさんの味噌汁」です。「お味噌汁ならみんなが美味しく食べられますからね」。ニコニコしながらも、美味しさには妥協をしなかった厳しい女将の目がキラリと光りました。

その日の旨さをその日に食す

料理に対するこだわりと美味しく食べていただくおもてなし

食材を最高の状態で楽しんでいただくために、あえて野菜の限定はしません。「その日によって収穫される野菜は異なるからです。だから日替わりで食材が変わることもありますよ。その日の旬をお出ししたいので。」とは、宿泊者としては嬉しくも悩ましい問題です。なにせ「もう一泊」すれば、昨日とは異なる美味しい寺泊の旬に出逢える可能性があるのですから。そして、美味しく食べる為のさりげない心配りがもう一つ。味噌汁につみれが入らない状態で火にかけてお持ちし、お客様が思い思いのタイミングで調整しながら入れて食べるようになっています。
それは、鮮度の高い魚を使うからこその美味しい煮え具合の調節が出来る事と、「魚はちょっぴり苦手」な方でも、ゆっくり煮込んで少しずついただけるようにとの配慮なのです。

つやつやに輝くご飯も寺泊産の宝

魚プラス野菜・キノコがギッシリの贅沢味噌汁 「鮭のつみれと地元の野菜、茸たっぷりお味噌汁」

やっぱり朝食は「味噌汁とごはん」

味噌汁と共にいただくご飯は、これも宿の地元である寺泊・年友地区の逸品コシヒカリです。三十数年前より有機肥料を用いながらの肥沃な土壌づくりをすすめ、今では「いちまる会」という研究会を立ち上げ更なる美味しいお米作りに尽力されている方々が手塩にかけたもので、こちらも地元の大きな宝。「このご飯は竈で炊いているのですか?」という質問も良く聞かれるほど、一粒一粒輝いて、もっちりと甘みのあるごはんです。寺泊の幸「全部入り」な朝ごはんと、女将をはじめとしたスタッフの優しい心遣いにふれる、魚の市場通りからちょっとだけ離れた、静かな寺泊での美味しい料理を楽しみに訪れてみてはいかがでしょうか。きっと新しい寺泊の魅力を発見できることでしょう。

寺泊温泉朝ごはん 対象旅館