にいがた朝ごはん

五泉が誇る、野菜の『白いやわ肌美人』が登場 やわ肌ねぎ焼き・ゆず南蛮味噌添え

地元の食材と数々の出逢いが旨い朝ごはんのもとに

スタッフもホレボレする白い装いの味覚

「いよいよ出番ですよ! という感じです」。地元五泉市の農家さんが力を入れて育む農産物をこのプロジェクトに取り入れながら、改めて郷土の美味しい食材に触れてもらおうと、スタッフをはじめ生産者、郷土研究に関わっている方々等も交えてのメニューづくりに関わってきた岡崎 昭彦さんは、今回の朝ごはんも自信を持ってもてなせる一品が出来ましたと感慨深げ。「ブランド化されるほどの美味しさを秘めた白い肌に、銀座でも評判の冬ならではのコク高い味わいでアクセントを出しています」。スタッフの樋口さんも意味深に話す今回の一品は、香りも嬉しい『やわ肌ねぎ焼き・ゆず南蛮味噌添え』。その姿、ホレボレしちゃいますよ。

五泉が胸をはってオススメしたい、やわ肌ねぎをご紹介します

深い甘みと瑞々しさが信条の特産品

かねてからこのプロジェクトに登場していた五泉特産の野菜ブランドについて、少々おさらいします。いにしえより肥沃な土壌と豊かな水に恵まれていた五泉市は、生産者の努力も実り、県産ブランド野菜が多く栽培、収穫されています。その中でも代表的なのが『帛乙女』と呼ばれる里芋、『五泉美人』と呼ばれるレンコン、そして今回登場する長ねぎ『やわ肌ねぎ』です。どれも体が喜ぶ栄養素をたっぷり含んだ逸品ですが、『やわ肌ねぎ』にいたっては見た目も白く「しゃん」としていて上品。それだけに、素材の美しさを重視する和食の料理人を中心に、一般の方までが五泉市のやわ肌ねぎを指名買いすることも多いそうです。「ハリがありながらも柔らかく、深い甘みとねぎ本来の香りが強いことが特です。美味しくいただく方法は数々ありますが、今回はシンプルに焼きねぎとして、本来の旨味を充分に味わっていただこうと思います」。樋口さんは気心の知れた友人を紹介するかのごとく、丁寧に教えてくれました。

地元が誇る奥深い味わいでおいしさ倍増

銀座の「うるさい」客も唸らせる南蛮味噌とは

美味しい焼きねぎをいただくならば、添える調味料等は必要最小限にしたいもの。それも失礼ながら、大したものでなければ、ねぎの風味が台無しになります。「そんな杞憂を吹き飛ばす一品が添えられます。ねぎの旨味を倍増し、ご飯がすすむこと間違い無しの、地元が全国に誇る調味料、すゞきや(すずきや)さんの『ゆず南蛮味噌』ですよ!」。聞けば地元の食材を丁寧に扱い素朴ながらも味わい深い商品を造り続け、銀座のとあるおにぎり屋さんでは、その南蛮味噌を使ったおにぎりが売上のトップになることもあるという絶品を創り出している老舗のものなのだとか。「生産に携わる方々の姿勢がそのまま味わいに表現されていると思います」と岡崎さん。また、南蛮味噌でも今回は秋冬限定の『ゆず南蛮味噌』が添えられます。漂ってくる焼きねぎとゆず南蛮味噌のホンワリとした香りを想像しただけでも、ご飯がいただけちゃいそうです。

他の地域に先駆けて次の展開も検討中

五泉が誇る、野菜の『白いやわ肌美人』が登場 やわ肌ねぎ焼き・ゆず南蛮味噌添え

朝ごはんプロジェクトに続く『極秘』プロジェクトがスタート?!

阿賀野川の幽玄な冬景色のなか、郷土が誇る野菜ブランド『やわ肌ねぎ』をアツアツにして、銀座の、味にうるさいお客さんのお眼鏡にかなう限定のゆず南蛮味噌でいただく咲花の朝。他の地域には無い、シブいオトナの食卓と言っても良いでしょう。さて、地元が誇るいくつもの野菜ブランドを朝ごはんプロジェクトの主役として送り出し、岡崎さんと樋口さんもホッと一息ついているかと思えばそうでもなさそうです。「まだ詳しくはお話し出来ませんが、地酒と郷土料理を組み合わせてお客様に提案するプロジェクトが新潟県内で始まりそうです。咲花は先行して取り組もうと考えていますので、是非そちらも今後楽しみにしていただきたいですね。咲花の食のご提案、これからも積極的にさせていただきます!」。是非、シブいオトナたちが喜ぶ至高のレシピと組み合わせを期待しましょう。

咲花温泉朝ごはん 対象旅館