にいがた朝ごはん

「Simple is best!」上越の魚と職人の腕が織り成す味わい メギスの天日干しの炙り焼き

鵜の浜の人なら合言葉?という食材とは

地名からして海のイメージ?

「地名からして海のイメージ、もちろん歩けばすぐに砂浜ですから、もてなしの一品が魚介になったのは必然だったのかもしれません」とは、鵜の浜温泉のプロジェクトスタッフ佐野さん。数ある特産の中から鵜の浜らしくまた、目にしたことの無いちょっとしたサプライズを楽しんでいただこうとチョイスしたのは、地元の人にはポピュラーながら遠方には出回っていない「メギス」でした。「キスよりメギス。これ、地元の人なら誰もがそう言いますよ(笑)」 。

門外不出?の魚介でで勝負!

近年では上越市の「上越のごっつぉ」にも認定されるほどの旨さ

そもそも、あまり聞き慣れないメギスとは、いったいどんな魚なのでしょうか。
「カタチや名前はキスに似ていますが、実際はキスの仲間ではありません。上越の近海で多く穫れ、地元では昔から美味しい魚として食卓に上がっていましたし、近年では上越市の『上越のごっつぉ』にも認定されているほどの旨さなのですが、全国的にみると認知されてなく、出荷もあまりされていませんので門外不出っぽいイメージはありますね。だからこそ、今回の朝ごはんプロジェクトにはピッタリ。鵜の浜 ならではの食材の珍しさとおいしさで目を覚ましていただこうと思いまして」。

キスよりしっとり、味わい豊かなメギスを昇華せよ

いかにアツアツごはんに合うようメギスを提供するか。

この課題にはシンプルながらも、メギスの旨味を引き出す天日干しが選ばれました。
鵜の浜の風に吹かれ、手間を惜しまない昔ながらの熟練の技が冴える絶妙な干し加減で仕上がったメギスは、余分な水分と生臭みがとれ、魚独自のタ ンパク質の一部がアミノ酸に分解されるため、塩焼きや刺身では味わえない旨味が出ると言います。
また、話題になって久しいDHAやタウリン、コラーゲン、カルシウム、リン等が多く含まれるため、昨今の 健康志向には喜ばれることでしょう。もちろん、いただくときにはサッと火に炙って香ばしさも。小柄ながらも丸々一匹の自信の一品が、鵜の浜にしかない朝ごはんをもたらしてくれます。

バラエティーに富んだ、美味しい魚が自分で獲れる?

「Simple is best!」上越の魚と職人の腕が織り成す味わい メギスの天日干しの炙り焼き

自然が相手。頑固網元が仕掛ける地引き網漁

昔から地元の漁村で受け継がれてきた地引き網。
現在は春から秋にかけて「地引き網体験」イベントとして再現されています。そこで揚がった魚と同じものが、より旨味を増して朝ごはんのおかずとして出てきたら、なんて楽しいことでしょう。「なにせ自然が相手ですので、何が揚がるかはその時のお楽しみですが、秋は名物のメギスをはじめ、ハタハタ、アジ、ヒラメ、フクラギなどが獲れる時もあってとても楽しいですよ」と佐野さん。「ただし、体験といっても頑固な網元が仕掛ける網です。一生懸命引かないと怒られちゃうかも(笑)」。