にいがた朝ごはん

もっと「美人になれる」月岡の新名物を各宿のアレンジで秋味地元野菜と「越乃紅鶏そぼろ」

新たな月岡の名物をつくる!という意気込み

良質な温泉だからこそ「食」にもこだわりを

「美人になれる」という効能が認められ、今や新潟を代表する温泉地のひとつとして全国から大勢のお客様が訪れます。泉質はエメラルドグリーンに輝く硫黄泉でお肌もスベスベ。
しかも二年後には開湯百周年を迎えます。「ここまで月岡温泉を大きくしてきたのは先輩方の努力であり、これからの月岡を考え守っていくのは我々の世代」とメニュー開発のまとめ役、樋口さんは語ります。月岡温泉の泉質の良さはもうご存知の通り。さらに「食べてもっと美人になれる」メニューを開発し、新たな月岡の名物として根付かせよう!という意気込みでメニュー開発はスタートしました。

新発田特産、越乃紅鶏(こしのあかどり)との出逢い

地元に根付いた食材を紐解き、新たなメニューづくりに挑む

「越乃紅鶏そぼろ」は、春の朝ごはんプロジェクトで開発された朝ごはんメニューです。 一般的に普通食べられている鶏は若鶏ですが、昔から地元新発田では、赤羽毛の採卵鶏(いわゆる平飼いの鶏)を一般的に食べてきました。
その鶏は若鶏よりもタンパク質が多く含まれており、脂肪も程良くのっていてコクのある美味しさが備わっているんです。それを知った時は「これだ!」と思いました。
地元に根付いている食文化をフルに活かし、月岡のこれからの名物を考える。これはとても意義のあることだ。と開発プロジェクトスタッフも一致団結しました。
積極的な意見交換や、地元の生産・加工業のマルコ岩村さんとの度重なる試作を経て、美味しい新潟コシヒカリとそぼろのお互いが引き立て合う、味わい深い朝ごはんが完成しました。

越乃紅鶏に月岡のおいしい地場野菜をプラス

各旅館が地場野菜をアレンジして提供します

越乃紅鶏そぼろは昔懐かしい素朴な醤油味。少し濃い目の味付けでおもわずごはんがすすみます。
そして今回、秋の朝ごはんでは、各旅館が月岡自慢の地元地場野菜をプラスして、工夫をこらしたメニューとしておもてなしします。
詳しくご案内すると・・・
湯めぐりの宿高橋館は、「越乃紅鶏そぼろと三種の茸和え」。ホテルニューあけぼのは、「越乃紅鶏そぼろと紫雲寺(しうんじ)産さつま芋」。
したしみの宿東栄館は、「越乃紅鶏そぼろなめ茸和え」。広瀬館は、「越乃紅鶏そぼろ厚揚げはさみ揚げ」。ホテル摩周は、「越乃紅鶏サラダ」。
白玉の湯泉慶は、「里芋の鶏そぼろあんかけ」。白玉の湯華鳳は、「秋の味覚 新発田地場産野菜と越乃紅鶏そぼろ」。
ホテル清風苑は、「越乃紅鶏そぼろととろろ芋(山芋)」。
いかがでしょうか?このように地場野菜をとり入れた、この秋、宿限定の「越乃紅鶏そぼろ」メニューが堪能できること間違いなしです。どれもおいしそうですね!
※仕入れ状況により、変更になる場合がございます。

「食べてもっと美人になれる」新たな月岡名物を目指して

もっと「美人になれる」月岡の新名物を各宿のアレンジで秋味地元野菜と「越乃紅鶏そぼろ」

「越乃紅鶏そぼろ」と言えば、「月岡温泉」と言われたい

春のプロジェクト以降、越乃紅鶏そぼろの評判はとてもよく、食べた後、お土産として購入するお客様も大勢います。越乃紅鶏そぼろが少しずつ月岡温泉の名物になりつつあるようです。
「少しずつではありますが、お客様にも認知されてきているようなので、もうひと踏ん張り、この食材を継続して活用し、月岡の朝ごはんを充実したものにしていきたいと思っています。
最終的には、『越乃紅鶏そぼろ』といえば月岡温泉の名物。月岡温泉のお土産といえば『越乃紅鶏そぼろ』。と言われるまでにしたいですね」。
月岡の新たな名物としてこの美味しさとブランドを大切に育てつつ、さらなる美味しさを求めて秋の朝ごはんプロジェクトの準備も進めていくそうです。

月岡温泉の新名物で皆様のお越しをお待ちしております。

月岡温泉朝ごはん 対象旅館