にいがた朝ごはん

シンプル・イズ・ベスト上越の魚、メギスの朝ごはんメギス天日干しの炙り焼き

鵜の浜の人なら合い言葉?という食材とは

海イメージ

地名からして海のイメージ?

「地名からして海のイメージ、もちろん歩けばすぐに砂浜ですから、もてなしの一品が魚介になったのは必然だったのかもしれません」とは、 鵜の浜温泉のプロジェクトスタッフ佐野さん。
数ある特産の中から鵜の浜らしく、また、目にしたことの無いちょっとしたサプライズを楽しんでいただこうとチョイスしたのは、地元の人にはポピュラーながら遠方には出回っていない「メギス」でした。
「キスよりメギス。これ、地元の人なら誰もがそう言いますよ(笑)」 。

門外不出?の魚介で勝負!

これだ

近年では上越市の『上越のごっつぉ』にも認定されているほどの旨さ

そもそも、あまり聞き慣れないメギスとは、いったいどんな魚なので しょうか。「カタチや名前はキスに似ていますが、実際はキスの仲間ではありません。
上越の近海で多く穫れ、地元では昔から美味しい魚として食卓に上がっていましたし、近年では上越市の『上越のごっつぉ』にも認定されているほどの旨さなのですが、全国的にみると認知されてなく、出荷もあまりされていませんので門外不出っぽいイメージはありますね。
だからこそ、今回の朝ごはんプロジェクトにはピッタリ。鵜の浜 ならではの食材の珍しさとおいしさで目を覚ましていただこうと思いまして」。

キスよりしっとり、味わい豊かなメギスを昇華せよ

天日干の生産者さん メギスの天日干

いかにアツアツご飯に合うようメギスを提供するか。

いかにアツアツごはんに合うようメギスを提供するか。この課題にはシンプルながらも、メギスの旨味を引き出す天日干しが選ばれました。鵜の浜の風に吹かれ、手間を惜しまない昔ながらの熟練の技が冴える絶妙な干し加減で仕上がったメギスは、余分な水分と生臭みがとれ、魚独自のタ ンパク質の一部がアミノ酸に分解されるため、塩焼きや刺身では味わえない旨味が出ると言います。
また、話題になって久しいDHAやタウリン、コラーゲン、カルシウム、リン等が多く含まれるため、昨今の 健康志向には喜ばれることでしょう。もちろん、いただくときにはサッと火に炙って香ばしさも。
小柄ながらも丸々一匹の自信の一品が、鵜の浜にしかない朝ごはんをもたらしてくれます。

地元大豆使用の、評判の豆腐もご一緒に

シンプル・イズ・ベスト上越の魚、メギスの朝ごはん "メギス天日干しの炙り焼き"

おいしいメギスは鵜の浜温泉で!皆様のお越しをお待ちしております!!

メギスの天日干しの他にも、目玉メニューがもう一つ。地元契約農家で 栽培される大豆を使用した「造り豆腐」は、佐野さんがおいしさに惚れ込んでぜひ今回のプロジェクトの一品として加えたいと、製造元の万九豆腐店に直談判したもの。
素材本来の甘さとクリーミーさを併せ持ち、適度にふんわりした食感はふぐの白子のような味わい。メギス同様、健康には 欠かせないタンパク質やミネラルとかが豊富に含まれていますから、鵜の浜の朝ごはんは"ちょっと珍しくて、おいしく健康になれるメニュー"といっても良いでしょう。

梅ドレッシング 期待どおりの仕上りです。皆様のお越しをお待ちしております!!