にいがた朝ごはん

関川まるごと田舎の朝ごはん

スタッフ自ら腕を振るう温泉郷

「まったく新しい料理を開発するのではなく、郷土料理をベースにしたものを作りたい」

会議風景

若旦那の多くが料理人という、えちごせきかわ温泉郷では、今回のプロジェクトが持ち込まれた際、「待ってました!」とばかりに盛り上がったとか。スタッフの一人、小山さんはニコニコとその時の様子を話してくれました。「朝ごはんというのは、お客様にとって非常に大切なものであるにもかかわらず、宿が手を抜きやすい部分でもあるんです。でも、これをきっかけに意識が高まり、地の料理や食材をアピール出来るのであれば、当温泉郷にとっても大きな財産になっていくはずだと」。さっそくメニューをつくりあげる第一歩として、各宿が一堂に会して朝ごはんを持ち寄り、試食会を開くことになりました。もちろん初めての試みだったといいますが、もともと宿やスタッフ同士の仲が良いことが自慢の一つである温泉郷。前向きな意見が多く出され、皆が耳を傾けました。しかし、前向きな意見が出れば出る程、まとめていくにはとても難しい状況に。それならばとアドバイスを求めたのが、地元の「プロフェッショナル集団」だったのです。

ココロ強い味方の登場で、メニュー開発もドンドン進む

試食会 / 完成間近

プロフェッショナル集団『関川村生活改善研究会!』

そのプロフェッショナル集団とは、地元のお母さん方で構成される、関川村生活改善研究会! 地元の食の研究と、道の駅等に卸す商品等の生産に日々尽力されている方々で、まさにご意見番にはピッタリの役どころです。小山さんをはじめとしたスタッフは、今回のプロジェクトの概要を説明し意見を求めました。そこでおかあちゃんたちが出した答え、 それはシンプルながらも心に響く「関川の良さ、それぞれの宿の良さを出してはいかが?」というものでした。つまり、統一メニューにこだわるよりも、同じ地元の食材を使い、お膳の中で『関川』らしさが各々の宿の料理として表現されていれば良いということなのです。これにはメニューに悩んでいたスタッフも目が点。しかし、それなら存分に腕を振るえると、スタッフは膝を叩いたといいます。

どれもこれも関川づくしのうまさぎっしり

まんまスティック

統一メニューだけでもかなり欲張り

決定したメニューは、どれも関川を代表する地の食材のもの。山北地域を発祥とされる、うるち米を練って棒状にした"まんまスティック"(イメージ的にきりたんぽよりもモチモチしています)は地元村上市が農工商連携して開発し、これから積極的にPRしていく予定のもの。
今回は「関川まんま汁」としてきのこや里芋と一緒に提供します「おかあちゃんの田楽焼き」は、こんにゃく・しいたけ・厚揚げに、関川らしさ溢れる打ち豆でつくった味噌等を塗って香ばしく焼き上げたもの。自家製麹になめこを和えた「なめこ麹」。そして滝川とうふを里芋焼酎のゼリーと柿にレモンを加えたソースをかけていただく、「せきかわまるごとスイーツ」。あれれ、統一メニューだけでもかなり欲張りになってしまいましたね。この他に、各宿が腕を振るったメニューがもてなされるわけですから、関川の朝ごはんは相当期待して良いでしょう!

※ 時期・仕入れ等の関係により、全てのメニューが提供できない場合もあります。詳細は各宿へお問い合わせ下さい。

関川の人の絆と懐の広さがうかがえる、充実の朝ごはん

関川づくしの朝食フルコースを堪能 "関川まるごと田舎の朝ごはん"

料理を通して郷土の魅力を伝えたい

関川を丸々表現した朝ごはんプロジェクト。それは普段から近隣とのつながり、絆を大切にしてきた地域だからこそ、また、若旦那らが料理を手がけているからこそ出来たメニューと言っても良いでしょう。そんな美味しいおかずとともにいただく岩船米の炊きたてごはんは何杯でもおかわりできそうです。
最後に、贅沢で豊富な朝ごはんになりましたね? との問いに「地元の食材にこだわって、昔ながらの調理方法でつくっているだけですよ」と、やっぱりニコニコ答えてくれた小山さん。とてもすごいことをしているのに、サラリと答える懐の広さは、関川の人々の奥ゆかしさと、料理の美味しさを物語ってくれました。

郷土料理を通して関川の魅力を伝えたい!皆様のお越しをお待ちしております!

えちごせきかわ温泉郷朝ごはん 対象旅館