にいがた朝ごはん

新鮮な日本海の幸で、爽やかにお目覚め イカのお刺身といごねり

期待を裏切らない、佐渡の美味しさを用意

お客様が臨んでいる佐渡の美味しさに応えていきたい!!

ちょっと足をのばして海を渡り、訪れた佐渡の宿でいただく朝ごはん。同じ新潟県ながらも、なぜか特別な期待をしてしまいます。もちろんその期待に応えるべく、もてなされるのは佐渡ならではの逸品。プロジェクトスタッフの篠原さんは、お客様が望んでいる佐渡の美味しさに正直に応えていきたいとして、二品が選ばれたと話してくれました。
「海の無い地域からお越しいただくお客様が多い佐渡では、鮮度の高い魚介類の提供は外せません。なかでも、世代を問わずとても好評なのがイカの刺身です。そしてもう一つ食べていただきたい佐渡の味覚は、いごねりですね。伝統の一品は珍しいだけでなく、その特徴から今は若い女性にも人気がありますから、ぜひ加えておきたいと思いました」。

佐渡の美味しさ2点とは?

真イカ

鮮度の高さが自慢の人気ナンバー1『イカ刺し』

今回のメニューとして名乗りを上げた一品イカの刺身は、相川・姫津漁港で水揚げされた真イカが中心。 穫れたイカの特徴は、なんといっても鮮度の高さです。綺麗で深みの有る乳白色からは、みずみずしさ、歯ごたえ、そしてじんわりと伝わってくるほのかで深い甘みが感じられるはずです。宿によってはその日揚がったばかりのものが朝ごはんに提供される場合もあるといいますから、期待せずにはいられません。

伝統の一品は日本海の刺身?『いごねり』

佐渡特産の海藻、いご草を、手間を惜しまず天日干しにし、煮溶し固めたのがいごねりです。佐渡では古くから伝わる郷土料理ですが、意外と知られていない、隠れた海産加工品の一つ。今回は外海の厳しい環境で逞しく育った石名地区のいご草中心につくられました。寒天のような食感と、口の中に潮の香りと味わいがフワッと広がるのが特徴。淡白なので、アクセントとしてショウガとネギ、そして醤油を合わせたタレをつけていただきます。
最近では、美味しさとともに低カロリーで食物繊維も豊富であることから、若い女性を中心に人気なのだとか。お土産としても喜ばれることでしょう。

主役登場! 佐渡産コシヒカリ

コシヒカリ

おいしいおかずとともにいただくのは・・・

もちろん新潟の三大米ブランドの一つとしても売り出し中の佐渡産コシヒカリの新米です。
佐渡独特の厳しい環境の中で育まれた味わいは、魚沼産コシヒカリにもひけをとらない実力の持ち主との呼び声も高くなってきているとか。佐渡のごはんに、佐渡のおかず。たまりませんね。

誇りを持って提供する佐渡の幸を是非

新鮮な日本海の幸で、爽やかにお目覚め "イカのお刺身といごねり"

ごはんのお供はもちろん・・・ですけど

それにしても、朝から鮮度の高い海産物のメニューをメインに据えることは、宿においてはとても手間がかかることなのではないでしょうか。
「手間をかけた分、お客様から夕食より朝ごはんが美味しかったよと言っていただくことも多いので、佐渡のおもてなしとして誇りを持って、今後も丁寧に提供していきたいですね」と篠原さんは胸を張ります。
「佐渡は採れない食材が無いくらい、食材が豊富な島です。今秋、新鮮な海の幸・山の幸・味覚の秋を堪能しにお越し下さい」。ここはありがたく、佐渡の幸を贅沢にいただきましょう。

自慢の海の幸で皆様のお越しをお待ちしております

越後湯沢温泉朝ごはん 対象旅館