にいがた朝ごはん

棚田米ごはんに合う、身士不二の郷土料理山里のきのこまんま

朝ごはんプロジェクト発祥の聖地!

先生を招いてメニュー開発会

朝ごはんプロジェクトのモデルケースが松之山温泉

新潟県全域にわたる今回の朝ごはんプロジェクトのモデルケースを生み出したのが松之山温泉です。約一年前より、「おいしい朝ごはんプロジェクト・まんまの朝まんま」と称し、朝ごはんに松之山の季節毎の一品を提供する取り組みを行なってきました。当時の経緯について、スタッフの島田さんはこう話してくれました。「松之山の魅力を広く知っていただくには、旅館毎の活動ではなかなか難しいところがあるとのことから、数年前より旅館同士が手を結んで、話題づくりや名物つくりをしていこうと活動してきたのです。朝ごはんの企画は、まさにその時生まれてきたもので、スタートしてもうすぐ一年になりますが、お越しいただくお客様には大変好評をいただいております」。

きのこの朝まんま 10月~11月 / きのこの朝まんま 12月~4月 / やたらの朝まんま 8月~9月 / やたらの朝まんま 5月~7月

あらためて、地元の良さをご提案

会議中

非日常的な料理ではなく直球勝負で懐かしさや優しさを感じていただけるものを提供しよう

美しい棚田の風景が魅力の松之山は、その大自然の中で大切に育まれた棚田米のおいしさはもちろんのこと、天然と養殖によるきのこの種類と収穫量が多いことでも有名です。しかし、その魅力やおいしさを充分に伝えきれていなかったことも否めませんでした。 それならやはり、改めて美味しい棚田米ごはんにピッタリ合う、地元ならではの郷土料理を「身士不二(その土地のものをその土地の旬に食すことが身体には良い)」の考えのもとで探求し、地元の食材を見つめ直し、非日常的な料理ではなく直球勝負で懐かしさや優しさを感じていただけるものを提供しよう。きのこづくしの朝ごはんは、ある意味自然な流れのなかで決定していったのです。

地域一丸が生み出す、自然なあじわい

まんまの味と小見さん

魅力を伝えようとする気持ちが込められているんですよ

各宿がもてなす、きのこが主役の朝ごはんだけでも新しい取り組みですが、ご飯のお供となるおかずの開発にも着手。今では地元土産でベストセラーとなっている「松之山まんまの味(み)」が生まれました。 「まんまの味」の材料でもある味噌やしょうゆの実を製造に携わっている小見さんは、松之山で生まれる食材の魅力について「正直に申し上げて、特に変わったことはしていません。昔からの製法にのっとり、地場の食材を使い、ここ松之山でつくる。 ただそれだけなのですが、結果、美味しいものが出来上がるんです。きっと数値等では表せない自然環境や人の良さも関係しているんでしょう。他に先駆けて朝ごはんの企画をはじめたり、いまや製造が追いつかない程になっている"まんまの味"が生まれたのも、この地域の人々が一緒になって松之山の魅力を伝えようとする気持ちが込められている結果なんですよ」と、話してくれました。

今までも、これからも続く松之山独自のおもてなし

棚田米ごはんに合う、"身士不二"の郷土料理 "山里のきのこまんま"

地域の人々が一丸となって地元の魅力を再発見

地域の人々が一丸となって地元の魅力を再発見し、新しいサービスや名物となる商品を開発していく松之山。今回の朝ごはんプロジェクトは、昨年より続く活動の一環として取り組まれているので、きっと地に足着いたおもてなしが提供されることでしょう。 「自然体で過ごせることが松之山の良さ。自然の彩り、人の温かみ、そして昔ながらの田舎料理を存分に楽しんでいただきたいと思います」とは前出のお二人。「自然に還ろう」という気持ちが強くなる松之山。異なる季節にも訪れてみたいものです。

これならお客様に喜んでいただけます!皆様のお越しをお待ちしております!

松之山温泉朝ごはん 対象旅館