瀬波温泉/朝ごはん 瀬波の朝ごはん 鮭料理

瀬波の朝ごはん 鮭料理

村上と鮭の美味しい関係

三面川、荒川、大川、勝木川という4つの川を有する村上市。これらの川には、秋になるとたくさんの鮭が帰ってきます。国内でも有数の鮭の産地であれば、当然お客様が期待する食材は言わずと知れています。瀬波温泉の「秋の朝ごはん」を決めるメニュー検討会議でも、その期待に応えるべく、参加者全員の意見が一致。かくして瀬波温泉の「秋の朝ごはん」は、鮭を共通食材に展開しようということになりました。

その歴史は平安時代に遡る

村上と鮭の歴史。それは、平安時代にまで遡ります。当時、すでに村上の特産物となっていた鮭は、都へも物納されていました。江戸時代には、村上藩士の青砥武平治が鮭の回帰性に着目。鮭の増殖などまだ誰も考えつかなかった時代に、自然孵化増殖を成功させたのです。これによって鮭は村上藩の財政を支えるまでの存在になり、漁の仕方や料理法の数など、いわゆる鮭文化を開花させました。村上の鮭は、いまや秋の鮭シーズンになると毎年足しげく訪れるファンもいらっしゃるほど、全国的な知名度を誇る存在になっています。

宿ごとのアレンジでおもてなし

鮭は、頭から尾はもちろん内蔵まで何ひとつ捨てることなく使いきることができ、料理数は百種類を越えるといわれています。そこで、「秋の朝ごはん」では「塩引き」「焼漬」「酒びたし」「はらこ」といった鮭料理の中から、各宿それぞれが自慢の一品を提供。どんな鮭料理に出会えるかは、泊まってからのお楽しみです。ともに味わうのは、新潟の一大米ブランドのひとつ「岩船産コシヒカリ」。アツアツの新米コシヒカリとともに味わう鮭料理には、この土地の歴史と文化の香りが漂います。

どの宿の料理も、間違い無しの美味しさです!ただ、どれも朝酒にも相性抜群なんですよね(笑)。

瀬波温泉・朝ごはん「瀬波の朝ごはん 鮭料理」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)