瀬波温泉/朝ごはん 瀬波の朝ごはん 鮭料理

瀬波の朝ごはん 鮭料理

賑わう夏の瀬波温泉で期待されるもの

瀬波温泉の夏は県内のみならず、全国各地から訪れるお客様で大いに賑わいます。その大きな理由は、県内有数の海水浴場、瀬波海岸の存在。打ち寄せる綺麗な波と美しい白い砂浜が続き、安全な夏のレジャーが楽しめ、花火大会等のイベントも盛り沢山なことから、世代を問わずに人気があります。そして、「せっかく瀬波に来たのだから」と、お客様が楽しみにされるのは、もちろん村上の鮭料理です。「その期待に応えるのが、私たちの役目です」。お話ししてくれたのはプロジェクトスタッフの土谷さん。しかし、よくよく考えてみると、鮭の旬は秋なのでは?という疑問が湧いてきます。そんな不躾な質問にも「だからこそ、ここ村上の鮭料理の実力を感じて頂けると思うのです」とニッコリ。詳しくその理由をお聞きしましょう。

夏でも美味しく頂ける鮭料理が自慢

村上は、平安の頃から鮭漁が盛んなところとして様々な文献で記されているほど、鮭とは切っても切れない縁で結ばれている関係です。江戸時代には自然孵化増殖に成功するなどして村上藩の財政を支え、漁の仕方や料理法の数等、いわゆる鮭文化においては日本全国に名を馳せています。「村上の鮭料理の数は百を超えると言われています。秋の旬の時期、獲れたてをいただくのはもちろん冬場の貴重なタンパク源として、長期に渡り保存がきく料理も多数あります。それだけに、ここでは旬の時期ではないにしても鮭本来の旨味が詰まった料理を提供するのは得意なんです。ある意味、通年で美味しくいただける村上の鮭料理の実力を確かめていただくには良い季節であると言えるでしょう」。なるほど!

白いごはんと新潟清酒の相性抜群

今回の朝ごはんで提供されることになったのは、「鮭の酒びたしふりかけ」と、「鮭味噌」の二種類で、宿がいずれかを選択して提供します。鮭の酒びたしと言えば、村上鮭料理の代表格。噛めばジンワリと口の中に広がる鮭の旨味と清酒の香りは高級な酒の肴として、すでに全国区の地名度を誇ります。それを誰もが食べやすく加工したのが今回のふりかけです。そして鮭の風味を活かしつつ、味噌と合わせた「鮭味噌」は、味噌との相性が抜群な鮭を手軽に味わえると、現在人気急上昇中の逸品なのだとか。いずれも村上ならではの伝統が息づく美味しさにあふれています。
「白いごはんとの相性はもちろんのこと、朝酒(くれぐれも朝食以降の行動をよく考えて!)にも最高のパートナーです。夏の瀬波温泉は海でのレジャーにイベント、お祭り。ほてった身体を癒す温泉、そして地元ならではの朝ごはんを用意して皆様をお待ちしております。秋の朝ごはんでは、待望の塩引きや焼漬けも登場予定ですので、機会があれば是非季節を変えて足を運んでいただき、村上の鮭料理の奥深さを感じて頂けたらと思っています」。鮭を季節の朝ごはんで食べ比べ。瀬波温泉だから出来る贅沢に、ワクワクします。

瀬波温泉・朝ごはん「瀬波の朝ごはん 鮭料理」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)