六日町温泉/朝ごはん 南魚沼きりざい

南魚沼きりざい

この地でこの味が受け継がれる必然

六日町温泉の夏の朝ごはんは「南魚沼きりざい」。「きりざい」はもともとこの地に伝わる郷土料理のひとつ。その誕生ははるか昔で、戦国時代には武士が兵糧として持ち歩いていたという記録が残っているほど。そう、この地は愛と義の武将・直江兼続公生誕の地。兼続も食べたかもしれないと思うと、郷土料理の奥深さを感じずにはいられません。この地で生まれ、受け継がれる必然性のある料理なのです。「きりざい」がつなぐ時のロマンを感じます。もともと「きりざい」は、丹精込めて育てた食材の余った部分を「もったいない」の精神から刻み混ぜ、ごはんの上にのせて食していたのがはじまりだったと言います。また、効率良く旬の栄養を摂取できることからも、厳しい自然環境で生活していた先人たちには大切な栄養素だったことでしょう。

旅館だけではなく地元飲食店も一緒になって「きりざい」をアピール

もとは各家庭において育まれたレシピなので食材は多岐に渡るのですが、それでは対外的に「南魚沼きりざい」の味がぼやけてしまう。でも、提供するところによって異なる味わいも捨てがたいということで、食材のみの定義としました。「南魚沼きりざい」の定義としては、基本食材に野沢菜、ゴマ、鮭、たくあん、そして納豆の五種を使用すること。「これをいかに旨い一品として完成させるかは各々の腕の見せどころになるでしょうね。うちの宿も頑張らないと」と宇津木さんはやる気満々。それもそのはず、ご当地グルメとして全国に発信しているのは朝ごはんプロジェクトに参加する旅館だけでなく、地元の飲食店もあるからです。

戦国武将が食べていた郷土食で「南魚沼 食のおもてなし合戦」

日頃から「南魚沼きりざい」を地元観光の重要なコンテンツにしようと一生懸命な南魚沼きりざいDE愛隊が、南魚沼きりざいを通して地元を活性化しようとする加盟店を網羅した「南魚沼きりざいマップ」を作成してくれています。「掲載された宿やお店、そして地域が一体となって『南魚沼きりざい』で地元を活性化しようとする勢いもどんどん増しています」と、宇津木さんも手放しで大喜びです。かの戦国武将も食べていたであろう郷土食をもっと知っていただき、いかに美味しく召し上がっていただくか。六日町温泉の周辺では、静かながらも"アツい"、「南魚沼きりざい」のおもてなし合戦が繰り広げられそうです。

六日町温泉・朝ごはん「南魚沼きりざい」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)