柏崎観光宿泊業組合地区/朝ごはん 魚卵塩辛イカそうめん和え

魚卵塩辛イカそうめん和え

強い地元愛でご当地グルメを育む柏崎パワー

全国的にブームとなっている「ご当地グルメ」。爆発的に増殖する各地のメニューの中において、その上品な味わいと手軽さが受けて「鯛茶漬け」が全国どんぶり選手権でグランプリを受賞した功績を持つ柏崎。その柏崎が提供する朝ごはんは?「グランプリを獲得した時の勢いをそのままに、地元愛にあふれる柏崎市民パワーでお客様に喜んでいただける、柏崎ならではの朝ごはんを提供していきます!」と、組合長の中村さんは力強く語ってくれました。

柏崎の稀有な旨さのソウルフード「魚卵塩辛」

今回のメニューのベースとなるのは、過去の朝ごはんのメニューのベースにもなっている全国的にも珍しい伝統珍味「魚卵の塩辛」です。もとは柏崎駅前にあった旅館で出されていた塩辛で、旅人の口コミでその美味しさが全国に伝わっていったという逸品。「原料の真だらの子を、明治時代から受け継がれる木桶に約一年間塩漬けして発酵、熟成させたものです」と語るのは、伝統の味を守り続ける地元の老舗「珍味の田塚屋」の尾崎さん。塩辛本来の味わいは、熟成によるまろやかさを兼ね備え、フワッと鼻を抜ける潮の香りがたまりません。実はこれだけでもごはんのお供には充分すぎる程ですが、「より美味しく」がモットーの柏崎ではさらにグレードアップしての提供を試みます。

「美味しいものをもっと美味しく!」その粘りの一捻りが旨さを増す秘訣です

「魚卵塩辛だけでは終われません。もう一捻り、そこから先が肝心です。そのまま食べても十分喜んでいただけると思いますが、輪をかけて柏崎らしさを出してみたいといろんな方に相談しまして、イカそうめんと和える方向でまとめました」。もともと柏崎の港であがる魚介で有名なのは贅沢な食材「鯛」。しかし、その鯛に肩を並べるほどの漁獲量を誇り、親しまれているのが実は真イカやヤリイカ。メンバー達はこの事実を見逃さず、柏崎らしさを演出しようと考えたのです。イカの美味しさは誰もが知るところ。「地元の漁師さん達は、意外かもしれませんがみなさんおおらかですよ。酒はいっぱい飲みますが(笑)。和気あいあいと協力し合いながら新鮮で美味しい魚介を届けようと一生懸命取り組んでますので、その結果がイカの新鮮な味わいに出ているかもしれません」と口を開いたのは旅館組合長の中村さん。伝統の珍味と柏崎漁師の心意気が融合し完成した「魚卵塩辛イカそうめんの和え」。ともすると素のままではしょっぱく感じる塩辛も、イカの滑らかで深い甘みと調和されることによって、つやつやアツアツのコシヒカリごはんが進む逸品となりました。

柏崎観光宿泊業組合地区・朝ごはん「魚卵塩辛イカそうめん和え」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)